気になる黄ばみの落とし方!家具や家電のプラスチックをピカピカに!

スポンサードリンク

家電や家具を長年使っていると

プラスチックの部分が黄ばんでくることがありますよね。

私もお気に入りのテーブルランプや

目覚まし時計のプラスチックの部分が黄ばんでしまい、

がっかりしたことがあります。

特に白やクリーム色の部分だと

黄ばみがすぐに目についてしまいます。

長い間使用せずに倉庫に入れていたものを出してみたら、

黄ばんでしまっていたという経験をされた方もいらっしゃると思います。

頻繁に触っているわけではなくても、

時間が経つと、いつの間にか黄ばみが出てきてしまいます。

古臭い感じがするので、なんとか黄ばみを落として、

買ったときと同じような状態を保ちたいですよね。

では一体この黄ばみの原因は何なのでしょうか?

黄ばみの効果的な落とし方にはどんな方法があるでしょうか?

黄ばみの原因は様々!原因別の対策法3つ

黄ばみの原因はいくつかあります。

一つはプラスチック自体が劣化したことが原因です。

またプラスチックはABS樹脂という材料からできています。

それも原因の一つです。

なぜなら、その樹脂の成分の添加物が化学変化を起こすと、

色が変わってしまうからです。

具体的には、酸化防止剤や難燃剤という添加物が原因であるとされています。

特に気をつけなければならないのは、

プラスチックの製品を倉庫などの暗いところに長い期間保管すると、

この化学反応が起こってしまい、黄ばみがひどくなってしまうということです。

また、タバコのヤニ、エアコン、日光も外的な原因になります。

でも大丈夫です。ちゃんと対策法があるんです。

黄ばみの原因が外的な要因、もしくは軽度のきばみであれば、

メラミンスポンジを使う方法で効十分果があります。

100円ショップでもこのスポンジは購入できます。

スポンジを水で濡らし、固く絞り、黄ばみの部分をこするだけです。

洗剤はいりません。

もっと強力な方法は、

スポンジか布にオキシドールをつけて拭くというやり方です。

オキシドールは薬局で安く買うことができます。

そしてもう一つの方法は、

プラスチックの部分を漂白剤を入れた水に漬け込み

その後干して、日光に当てるというやり方です。

日光に当てるのは、

プラスチックが紫外線より化学変化を起こし、

黄ばみを除くからです。

この場合、必ずプラスチックの部分と金属部分を

分解しておきましょう。

漂白剤が金属部分に着いてしまうと錆の原因になってしまいます。

薬品を使用する場合の注意点

オキシドールを使う場合、

皮膚に触れると白くなったり、

かゆくなったりするのでので十分注意しましょう。

また、色のついたプラスチック製品に使うと、

色落ちしてしまうことがあります。

漂白剤を使う場合、必ずゴム手袋をはめましょう。

漂白剤が肌に着くと、ぬるぬるしたり手荒れの原因になったりします。

長年使えばプラスチックに黄ばみが出てしまうのは

仕方がないことかもしれません。

でもひどくなってしまわないうちに、

対策をしっかりすれば、黄ばみを防いで、

見栄えの良い状態を保つことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。