部屋干しによる生乾き臭を徹底的に除去する

スポンサードリンク

皆さん、冬を楽しく過ごしてますか?

寒い時期なので、外に出たくない人もいるでしょう。

寒い時期!そう!

寒い時期なので、洗濯物がまったく乾かない時期にもなりました。

日当たりが悪い家にお住まいの方は、

より一層大変な思いをしていることでしょう。

仕事終わりに帰って取り込もうとしたら、

全然乾いてないので落ち込むこともありますよね。

また、雨の日が続く梅雨の時期は、乾かない日が多いので、

特に悩むところです。

そんな時どこに洗濯物を干しますか?

今便利になったこともあり、

浴室乾燥機がついているところもありますが、

ついていない家も多くあります。

そうなると、やはり部屋で干すしかありません。

部屋で干すと、なにかと臭いがしてくるので、

お子さんがいる家庭では菌が繁殖していないか心配になります。

今回は、そんな部屋干しによる生乾き臭

どうしたら取ることができるのかをまとめてみました。

まずは原因から断ち切ってみる!部屋干しの注意点

部屋に入るとあれ?と思ったら、

部屋干ししている服からの臭いが出ています。

では、なぜ臭いがするのでしょうか。

臭いの原因は、雑菌によるものです。

洗濯したとはいえ、100%落としきれるわけではないので、

多少のあかや汚れが残ってしまいます。

そうした中、部屋で干すと雑菌が繁殖してしまうのです。

それだけではありません。

半乾きで日光を浴びないまま、長時間部屋で干し続けると、

より雑菌が増えてしまいます。

雑菌を増やさないようにするには、

日光は大事な役割を果たしているということになります。

では、雨の日など、部屋で干さなければいけない日は、

どうしたらいいのでしょうか。

部屋干しをしたときに、注意しなければいけないことを紹介します。

①洗い終わったらそのままにしておかないで、すぐに干す!

②干すときは、服と服の間隔を開けて干す!

③扇風機を上手く活用して、通気性の良い環境にする!

より、雑菌を残さないためには

「洗濯の前に沸騰したお湯を衣類につけておく」ことをオススメします。

ヤケドには気をつけてくださいね!

生乾き臭を消す裏技3つ

部屋干しに注意しながら乾かしても、

生乾きの臭いがまだ、気になる!という方がいると思います。

私も臭いに敏感なもので!

そんな方のために、臭いを消す方法をお教えします。

① 洗剤は適量で!

洗剤の量が多い方が汚れが落ちると思っているそこのあなた!

違うんです。

洗剤が残ってしまって、

より雑菌が増えてしまいます。

適切な量の洗剤で、生乾き臭が減少します。

② 残り湯を使う場合は、最後のすすぎだけ、水道水で!

お風呂の残り湯を捨てるのはもったいないこともあり、

そのまま洗濯の水として使う場合もあります。

使ってもいいのですが、

残り湯は水道水より、キレイではありません。

せっかくキレイになった洗濯なので、

最後のすすぎは水道水でキレイにしてあげましょう。

臭いの減少にもつながります。

③ アイロンをかける!

部屋干しである程度乾いたら、アイロンを掛けます。

乾ききっていない部分がありましたら、

そこを重点的にアイロンします。

またアイロンをしたら、すぐには畳まず、

ハンガーなどにかけて再度干して置くことが重要です。

アイロンの熱により、早く乾くことで臭いが減少します。

まとめ

湿気が多い日や雨の日など、

部屋干しをしなければならない日が必ずあります。

家族が多い家庭は洗濯物がたくさんあって、大変な毎日かと思います。

今回の部屋干し対策を参考にしてもらい、

少しでも雑菌を減少させて、

皆さんが気持ちよく、洋服を着てもらえるようになれば嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。