100均をフル活用!布団収納袋の活用術

スポンサードリンク

春は引越しの季節です。

実家から離れて、夢を見ながら一人暮らしを始める大学生もいるでしょう。

しかし、引越しにはお金がかかります。

私も一人暮らしを始めたとき、どうしたらお金を最小限にすませるか、

考えながら買い物をしていたものです。

節約しようと考えたときに思いつくのは100均ですよね。

必要なものが全て揃っていると言っても過言ではない!

一人暮らしのあなたに持って来いの節約術です。

そして、一人暮らしでベッドを使う人もいますが、

フワフワな布団で寝る人もいます。

収納のことを考えると、布団は幅が広いので大変です。

そんなお困りの時は100均の布団収納袋です。

100均で買えるものはとことん活用しましょう。

安さと頑丈さだけではなく、

収納上手にきっとなれる方法をまとめました。

お店毎の収納袋を紹介

100均にもお店はたくさんあり、特徴もそれぞれ異なります。

では各お店別で、売られている布団収納袋を見比べてみましょう。

① ザ・ダイソー

・布団が1枚入る大きさもありますが、300円で1人分の布団が丸々入る。

・白や黒色のモノトーン色収納袋がある。

↓↓↓写真と詳細はこちら↓↓↓

http://kyube01.com/assyukubukuro-daiso-1589

② Can Do(キャンドゥ)

・シングルサイズ羽毛布団が1~2枚入る。

・ラクラクファスナー付き。

特大大きめサイズあります。

↓↓↓写真や詳細はこちら↓↓↓

https://ec.cando-web.co.jp/item/4521006374613

③ Seria(セリア)

可愛いデザインもたくさんあるため、

自分好みの布団収納袋を選べるので、すごく嬉しいです。

選んでるときの興奮はすごいもので、おススメです。

デザインも豊富にあるので、選ぶ楽しさがある。

・ラクラクファスナー付き。

↓↓↓写真や詳細はこちら↓↓↓

http://www.crysta-blog.jp/writer/117190

収納場所・サイズ別の収納袋活用方法

収納スペースはそれぞれの家によって異なります。

いざ買ったものの、あれ?サイズが違った!という経験もあるでしょう。

私もその一人です(汗)

そんな間違いをしないためにも、

収納袋の活用法をお教えします。

●一般的な収納袋(Daiso)

羽毛(幅62×奥行50×高さ33cm)、

毛布(幅68×奥行48×高さ22cm)で、

収納スペースが大幅にあるときに収納できます。

布団を畳んだそのままをキープするため、

本来の柔らかさを維持できるから安心できます。

↓↓↓このような感じです↓↓↓

https://ameblo.jp/sukkirikurashi/entry-12255005161.html

●丸めて収納袋(Daiso)

布団を丸めて収納袋に入れるタイプです。

なかなか売っていないもので、

布団を丸めるという発想が浮かばない人もいると思いますが、

押し入れなど、ちょっとした隙間に入れるもよし!

見た目も可愛いので、そのまま置いておくのもよし!

ちなみにサイズは縦60×横35cmです。

↓↓↓このような感じです↓↓↓

https://ameblo.jp/shiori-blog/entry-10908211495.html

●圧縮収納袋(Seria)

布団を圧縮するタイプです。

隙間に入れるような薄さまで空気を抜くことが出来るので、

人気がある収納袋です。

縦にも横にも、どこでも収納可能なので、便利さ抜群です!

↓↓↓このような感じです↓↓↓

http://blog.goo.ne.jp/kumnk25/e/ca5279e8405a916ca34a0afcb9640c9a

●持ち手つき収納袋(キャンドゥ)

持ち手が付いている収納袋なので、

引っ越しの際や泊まりに来た友人のために、

すぐ出せるような工夫がされています。

また、型がしっかりしているため、

角に入れたい場合も決められた場所にすっぽり収まります。

↓↓↓このような感じです↓↓↓

https://ec.cando-web.co.jp/item/4521006374590

まとめ

たくさんの収納袋がありましたが、いかがでしたか?

収納することは大変ですが、

きちんと整理してスポッと収まったとき、嬉しいですよね。

家に合った100均収納袋を購入して、

自分なりの収納の仕方をしてみましょう!

楽しさもきっと生まれますから!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。