不眠症を解決したい方必見!何科を受診すれば良いのか?

スポンサードリンク

なかなか寝つけない。

寝ても途中ですぐに目が覚めてしまい、寝つけない。

早朝に目が覚める。

熟睡できていない。

こんな悩みを抱えるサラリーマンの方も多いでしょう。

このような状態が1ヶ月以上続いているなら不眠症といえます。

睡眠が十分でなければ、次の日集中力が落ち仕事にも影響します。

不眠症には多くの要素が関係しているので、

総合的な判断が必要です。

素人判断では改善は望めません。

何が不眠症の原因なのか、

何科を受診すればよいのかについてお話しします。

不眠症の原因やメカニズムとは?

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の二通りの周期があります。

レム睡眠は眠りが浅く、ノンレム睡眠は眠りが深い状態です。

睡眠中はこれらのサイクルが交互に来て、

体が休息し、脳も情報を処理します。

このリズムが乱れると不眠症になってしまいます。

では何が原因なのでしょうか?

まずサラリーマンに多いのは、ストレスなどの心理的な原因です。

仕事や残業、要求の多い上司、プレッシャー、

成績不振、家庭の問題、人間関係の問題など、

思い当たるものがあるでしょう。

また、高血圧、リウマチ、アトピー性皮膚炎など

なんらかの身体的な病気による不眠症もあります。

病気のために服用している薬が原因の場合もあります。

そして、うつ病や不安障害などの精神面での病気も原因のひとつです。

室内の環境が不眠を引き起こすこともあります。

照明や騒音は睡眠を妨げます。

テレビ、スマートフォン、コンピューターから出る光により

脳が覚醒されると、眠りにつくのが困難になります。

性格も関係しています。

心配性の人や完璧主義の人は、

布団に入ってからあれこれと色々なことを考えてしまうため、

なかなか寝つけないということがよくあります。

原因については、以下のサイトで詳しく説明されているので

参考にして下さい。↓

http://seseragi-mentalclinic.com/insomnia-cause/

まずはかかりつけ医へ相談しよう!

不眠症の原因は人により様々で、

別の病気が関係していることもあります。

では何科を受診すればいいのでしょうか?

精神的、心理的な要素が関係していることがわかっていれば、

心療内科や精神科、神経科、メンタルクリニックなどを受診することができます。

そうはいっても、自分で判断するのは難しいですよね。

ですから、まずかかりつけ医がいるなら相談に行ってみましょう。

すでに知っている医師であれば相談もしやすいでしょう。

もし、重度の不眠症でなければ軽い安定剤などを処方してくれ、

不眠症が改善されるかもしれません。

かかりつけの医師が不眠症の治療が専門ではなくても、

適切な治療を受けるためには何科を受診すればよいのかを

提案してくれるでしょう。

そして紹介状を書いてもらうことができます。

先延ばしにしたり一人で悩んだりせずに、

早めに医師に相談し、不眠症を改善して活力ある日々に向かいましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。