オイルヒーターに溜まったほこりを徹底的に掃除する方法を紹介!

スポンサードリンク

空気を汚さないなど環境にやさしいと話題のオイルヒーター。

でも見た目からするとすごくお掃除が大変そうな気が…

オイルヒーターを掃除するコツやポイントはあるのでしょうか?

今回はオイルヒーターの掃除についてご紹介します。

【手が入らないところまで細かく掃除するには?】

オイルヒーターを掃除するときには

必ずコンセントを抜いてから行うようにしましょう。

そして本体がしっかり冷えてから掃除を始めます。

オイルヒーターの掃除で大変なのが

隙間に入り込んだほこりの掃除です。

オイルヒーターの内側には静電気が発生しやすく、

その静電気にほこりが付着してしまうのです。

手が入らない場所なので

しっかり確認しないとほこりが溜まっているのに気づかないこともあり、

気づいたときにはほこりがビッチリ…なんてことも。

手の入らないところの掃除は

まずは掃除機を使ってほこりを吸い取ります。

掃除機のヘッドを通常のタイプから隙間掃除用のものに変えることで

細かいところのほこりまで吸い取ることが出来ます。

あまりほこりが溜まっていなければ

これだけでも、十分キレイにすることが出来ます。

それでもほこりが残ってしまう場合、

細くて柄が長いタイプの隙間用ブラシを使って

ほこりをからめ取っていきます。

柔らかい素材のものを使うと、

本体を傷つける心配もないでしょう。

またドライヤーなどの風を使って

ほこりを吹き出すという方法もあります。

隙間に対してドライヤーの風を送り、

取れないほこりを外へと吹き出すようにします。

ドライヤーでなくても

エアーブローのような空気をだしてほこりを吹きだすものであれば使用できます。

但し、あまり強すぎる風でやるのは避けましょう。

【使用がNGな洗剤や掃除方法は?】

オイルヒーターは電化製品なので

水に浸したり、水洗いをすると故障の原因になります。

シンナー、アルコール、ベンジン、

アルカリ性・酸性の強い洗剤、漂白剤などの使用はNGです。

本体を拭く場合は乾いた布や固く絞った布を使って拭くようにします。

もし本体にひどい汚れがあれば

薄めた中性洗剤をふくませた布を使って拭いた後、

洗剤が残らないように固く絞った布で水拭きします。

使用NGの洗剤や掃除方法は

お使いのオイルヒーターによって違いますので、

必ず取扱説明書をご確認ください。

ほこりが溜まった状態で使い続けると

暖まり方が悪くなったり、故障の原因にもなる可能性があります。

そうならないためにも定期的に掃除をすることを心がけましょう。

普段あまり使わないようでしたら

専用のカバーなどを使ってほこりが溜まらないようにしておくのが良いですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。