乾燥機で衣類を乾かす時間の目安は?家庭用乾燥機は家計に優しい

スポンサードリンク

皆さんは洗濯ものを乾かす時に、

どのようにして乾かしているでしょうか?

天気がいい時はもちろん外に干すという人も多いと思います。

ですが最近は、花粉や虫が洗濯ものに付いてしまい、外に干したくない!

雨が多くて外に干せない!という人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、そんな時にも簡単に早く洗濯ものを乾かせる

家庭用の乾燥専用機についてお話していこうと思います!

家庭用の乾燥専用機とは?

家庭用の乾燥専用機とは洗ったあとの、

水分を含んだ洗濯ものを乾かすための機械です。

乾燥機と言えばわかる人も多いのではないでしょうか?

仕組みとしては中にあるドラムの回転と、

ヒーターの温度によって手早く洗濯ものを乾かします。

このヒーターの熱源は、電気式のものとガス式のもの、

大きくわけて2種類があります。

今ではコインランドリーなどにも設置されており、

目にしている人は多いのではないでしょうか?

家庭用の乾燥専用機の一般的な乾燥時間

家庭用の乾燥専用機は時間がかかってしまう

というイメージの人も多いかもしれません。

ではどれくらいの時間がかかっているのでしょうか?

一般的には、洗濯もの6キロで2~3時間かかると言われています。

もちろん、洗濯ものの種類、乾燥機の機種、

熱源が電気式かガス式かで差は出ると思いますが

一般ではそのくらいのようですね。

一般的に普及している電気式よりも

ガス式の方が早く乾燥できると言うので、

ガス式ならばもっと早いかもしれません。

次ではそんな時間のかかる乾燥を

少しでも早く終わらせるコツを紹介したいと思います。

コツを掴んで時間短縮させる方法!

では、家庭用の乾燥専用機で洗濯ものを早く乾かすコツを話したいと思います!

乾燥機の時間短縮はそのまま電気代またはガス代の節約に繋がりますから、

大事ですよね。

それはズバリ!

乾いたバスタオルを使うことです!

詳しく話しますと、洗濯ものを洗い終えて乾燥機に入れる時に、

一緒に乾いたバスタオルを入れるのです!

そうすることで、バスタオルが洗濯ものの水分を吸収し、

より早く洗濯ものを乾かすことが出来るのです。

具体的には3割程の時間短縮になり、

時間短縮のほか、お金の節約にもなるので一石二鳥ですね!

バスタオル1枚で出来てしまい、

手間もかからないので1度試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

このように家庭用の乾燥専用機は洗濯ものを外に出さないで干すことが出来るのです。

また、コインランドリーでの乾燥が1回に100円ほどに対して、

家庭用の乾燥専用機では、

平均すると1回で40円ほど、安くて20円ほどになります!

確かにコインランドリーの乾燥機と比べて、

家庭用の乾燥専用機は時間がかかってしまいますが、

家計には間違いなく優しいですよね!

皆さんも家庭用の乾燥専用機を活用して、

家計に優しく花粉や梅雨から洗濯ものを守りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。