必見!手洗い時の上手な脱水のやり方!

スポンサードリンク

最近、服の洗濯表示が

「手洗い」になっていることが多くなっていると思いませんか?

子供服で綿の服を買ったら

「手洗い」表示になっていてびっくりしました

子供服って、ガンガン汚して、ガシガシ洗うものじゃないの?!って。

それでも、今はおしゃれ着洗い用洗剤が充実しているので、

洗うのも苦痛ではなくなりましたが、

脱水についてはイマイチよくわからないのです。

実際、脱水に失敗して毛玉を作ってしまったことも何度かありました。

どう脱水したらよいのでしょう?

服が長持ちする!?

洗濯器で洗濯をすると、

どうしても繊維同士がこすれてしまい

そこから毛玉などができてしまいます。

それを防ぐためには、

洗濯機に入れる時に、洗濯ネットに汚れを外側にして軽く折りたたんで入れるか、

手洗いするのがよいそうです。

インターネットで調べてみると、

Tシャツでも洗濯ネットを使っているのですね。

私は直接インです。

はい、夫のTシャツの首がよれる原因が分かりました。

洗濯後にたたいて伸ばして、

ハンガーにかけてもダメなはずです、反省。

繊維の特徴や表示を参考に、

上手に洗濯・脱水ができるようになれば、型崩れもせず、長く着られそうです。

脱水、その前に

服の洗い方はわかりました。

次は脱水です。

と、言いたいところですが、

上手に脱水するにはその前の「すすぎ」が大切です。

洗濯して、すでに水分を大量に含んだ服をすそだけつまんですすいでしまうと、

その重みで服がビローンと伸びてしまいます。

なので、やさしく慎重に水を何度も変えてすすいでいきます。

(ブラウスなど、振り洗いができるものは除きます)

上手な脱水のやり方!

いよいよ脱水です。

ここでも、いきなり洗濯機に入れてしまうのはいけません。

重いと遠心力で横に振られてしまい、

服がやはりビローンと伸びてしまいます。

軽くしてあげると最初から最後までの脱水機の振り幅が少なくすむので、

軽くたたんでやさしく押して水抜きをしてください。

ニットの様にかなり水を含んでいるものは、

たたんでバスタオルに挟んで水分を取ってください。

ブラウスみたいなシワになりやすそうな素材の服は

広げたバスタオルの上にのせて、

巻きずしの様に端からくるくると丸めてあげると水分が抜けます。

あとは洗濯ネットに入れて15秒から1分脱水してあげれば完了です。

服の厚みなどで脱水時間が変わります。

目安は、洗濯機から出したときに、

水がぽたぽたと垂れてこなければOKです。

ちなみに、女性用のランジェリーはレースなどの装飾が多いので、

脱水するときも洗濯機は使わずに、

タオルに挟んでポンポンと水気を取ってあげると長持ちしますよ。

まとめ

脱水のやり方ひとつで、

服が長持ちすることが分かりました。

手間はかかっても、

お気に入りのお洋服が長く着られるならがんばれそうですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。