服の黄ばみの原因は皮脂汚れ!?対処法を解説

スポンサードリンク

白いシャツを着ると、必ずといっていいほど起きる黄ばみ問題。

襟に、袖に、脇に、黄色い染みが付着し、

普通に洗濯するだけでは落ちないこともしばしば。

でもそのままにしておくと目立つし、

なによりも不潔な感じがしてしまいます…

でもどうして黄ばみが出てしまうのでしょう?

実はその黄ばみ、身体の皮脂や汗から出るタンパク質によってできているんです!

原因が分かっていれば対処法はちゃんとあります!

どうすれば綺麗になるのか?

今回はその方法と、黄ばみについて解説していきます。

普通に洗濯しても皮脂は落とせない

みなさんも実際に体験しているかもしれませんが、

普通に洗濯をしただけでは黄ばみってなかなか落ちませんよね。

それは、黄ばみの原因である皮脂や汗が落ちていないからです。

皮脂が酸化して黄ばみがでてしまうので、

重曹や漂白剤などを使って落としましょう。

では実際に、漂白剤を使った洗い方を説明します!

浸け置き洗いで黄ばみをブロック

漂白剤に1時間ほど浸けて置くと良いと言われています。

40~50℃のお湯に酸素系漂白剤を入れて浸けておきましょう。

ここで注意するのが、塩素系ではなく酸素系の漂白剤を使うことです。

塩素系を使ってしまうと、服の色も一緒に落ちてしまうことがあるので、

気をつけてください。

1時間ほど浸けて置いても落ちなかった場合は、

固形の石鹸で洗ってみてください。

使わなくなった歯ブラシなどで擦ると、

より落ちやすくなりますよ。

そのあとはそのまま普通に洗濯します。

すると、驚くほど綺麗に黄ばみが取れるんです!

でも、毎回漂白するのは少し面倒。

そう思って放置してしまうと、

やがて簡単には落ちない、黒ずみと呼ばれる状態になってしまうんです…

放っておくと黒ずみに!

少し黄ばみが出てきたなと思っても、

何度も繰り返し漂白していると服が傷んでしまう危険性がありますね。

そう思うと、なかなか漂白できなかったり、

あるいは毎回漂白するのが面倒になってきたりするかと思います。

しかし、黄ばみを放っておくのはよくありません。

黄ばみはだんだん濃さを増し、最終的には黒くなり、

黒ずみと呼ばれる状態になってしまいます。

これは、溜まった皮脂や汗などのタンパク質が積み重なって、

さらにその上にホコリなどが積もってしまったことによって起こります。

こうなると、落とすことが難しくなってくるんです。

さらに黄ばみの付着した服を着続けていると、

その皮脂やホコリが服から肌の毛穴に入り、炎症を起こしてしまう…

なんてことにもなりかねません!

黄ばみが目立ってきたな、と思ったら

なるべく早く漂白するようにしたいですね。

まとめ

今回は、襟や袖、脇などに付着してしまう黄ばみについて解説しました!

黄ばみにもきちんと原因があり、

対処法もあるということが分かりましたね。

もう、黄ばみが原因で着慣れた服を簡単に捨ててしまう必要もありません。

今回ご紹介した方法を使って、

しつこい黄ばみともおさらばしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。