風呂の残り湯は洗濯で使っても大丈夫!?汚いと思われがちな理由

スポンサードリンク

洗濯をする時、一度にかなりの量の水を使いますよね。

とくに洗濯物の多いご家庭では、

水道代を気にする人も多いと思います。

そこでよく聞くのが、風呂に入ったあとのお湯で洗濯をすることです。

この、残り湯を使う方法。やはり気になるのは衛生面です。

雑菌は大丈夫なのか?

そもそもメリットがあるのか?

水道代はどのくらい節約されるのか?

今回は、そんな疑問について解説していきます!

残り湯を使うメリットは?

そもそもどうして残り湯を使うのか。

やはり一番は水道代の節約ですが、

本当にそれだけでしょうか。

実は風呂の残り湯を使うことには、

水道代の節約以外にもメリットがあります。

それはずばり、

普通の水で洗うよりも汚れが落ちやすくなる!

ということです。

風呂の残り湯は、ずっと放置しておいた湯でない限りは温かいお湯のはずです。

とくに入り終わってからすぐに使えば、熱いくらいだと思います。

冷たい水で洗うよりも、温かいお湯で洗った方が汚れが落ちやすい。

食器を洗う時と同じ考え方ですね。

雑菌が多いと思われている

メリットがあることは分かりました。

しかし、残り湯を使えば水道代も節約できるし汚れは落ちやすいし、

これは使うしかない!…とはいきませんよね。

自分、あるいは家族の入ったあとのお湯です。

雑菌が多く、汚れているはず…

当たり前ですよね。入ったあとのお湯なのですから。

人が入る前と入ったあとでは、雑菌の数は十倍に増えると言われています。

また一晩放置しておくと、約千倍に増えるという実験結果もでています。

そして残り湯の温度は、菌が繁殖するのに適した温度なんです。

もちろん入浴人数が多ければ多いほど、

それに比例して雑菌の数も増えていきます。

これはいくらメリットがあっても、

実際に使うことは少し躊躇してしまいますね…

それでも風呂の残り湯が使いたい!

でもやっぱり水道代が気になりますよね。

完全に雑菌をなくすことはできませんが、なるべく減らす方法ならあります。

それは、残り湯を使うのは洗いだけにするという方法です。

実は、洗いとすすぎでは圧倒的にすすぎの方が

服に雑菌が多く付着するといいます。

ですので、洗いは残り湯、すすぎは水道水というように使い分けると、

服に付着する雑菌の数をぐんと抑えることができるんです!

まとめ

多くの人が洗濯に使っている風呂の残り湯。

気になる雑菌ですが、少し気をつければ減らすことも可能です。

しかし、先ほども述べたように完全になくすことはできません。

それでも水道代が気になる方や、

いつも風呂の残り湯をそのまま全部洗濯に使っていた方は、

今回ご紹介した方法をぜひ試してみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。