フライパンのコーティングには種類がある!?それぞれのいい面を解説

スポンサードリンク

主婦が毎日使うフライパン。

リーズナブルな価格のものから少々値段の張るもの、

種類も大きさも様々なものが出回っています。

焦げ付き防止のコーティング剤を塗布されているものが主流になっていますね。

コーティングには種類があるのか?

それぞれ特徴は違うのか?などを調べてみました。

どのような種類のコーティングがあるのか

フライパンのコーティングには種類があります。

それぞれの違いや特徴はどうなんでしょう。

フッ素樹脂加工

滑りがよくなるので、食材がくっつかず、焦げ付きにくい。

汚れも簡単に落とせるので手入れがとても楽だという特徴があります。

弱点はコーティングが傷つきやすく、剥がれやすいということです。

ダイヤモンド加工

人口のダイヤモンドをフッ素樹脂に混ぜてコーティングされたものです。

フッ素樹脂加工に比べると耐久性があり、長く使えます。

テフロン加工

撥水性(水や油をはじく)や防汚性に優れています。

コーティングにグレードがあり、グレードによって耐久性が変わってきます。

セラミック加工

名前の通りにセラミックでコーティングされています。

耐熱温度も高く、見た目のきれいさもあり、

今人気のある表面加工の素材です。

おすすめのフライパンメーカーはどこ?徹底比較

ティファールのフライパン

世界で一番愛されている調理器具ブランドです。

人気、実力とも文句なしです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

T-fal ティファール IHセレナーデ エクセレンス セット9
価格:10789円(税込、送料無料) (2017/12/27時点)


デザインもおしゃれで料理をするのが楽しくなります。

取っ手も取り外しが出来るので、収納も便利です。

魔法のフライパン

耐久性・熱伝導効率がよく、熱を逃さない構造になっています。

使うほどに油がなじみ、一生使えるフライパンです。

料理の出来にも差がでますよ。

ルール健康フライパン

底厚8mm、側厚が3.5mmで蓄熱力が高いのが特徴!

熱伝導率が高く赤外線効果もあるために、料理の腕も上がります。

10年買い替え買取保証サービスが付いており、

10年間の間に焦げ付きなど使いにくくなったら、

使用しているフライパンと交換で、新しいものを半額で購入できます。

柳デザイン アルミフライパン(セラミックコーティング)

今、注目されているセラミックコーティングのフライパン。

直火からIH200Vまで幅広い熱源に対応しています。

付属の蓋を回転させて、蒸気抜きや吹きこぼれの調節も出来る機能があります。

番外編 ルクルーゼ スキレット

話題のスキレット。

ゆっくりムラなく熱が入り、美味しく料理が仕上がります。

料理だけではなくデザート作りにも使えます。

最近ではスキレット用のレシピもたくさんありますね。

まとめ

フライパンといってもいろいろな種類があり、

どれを買うのが悩んでしまいます。

取っ手の持ち具合や重さなど自分に合ったフライパンを見つけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。