縮んでしまったウールのセーターはクリーニングで元に戻る!?その理由

スポンサードリンク

うっかり洗濯機で洗ったら縮んでしまった!

お気に入りのウールのセーターなので諦めきれない、

なんとか元に戻す方法はないのだろうか?という方はいませんか?

大丈夫、縮んでしまったウールのセーター

元に戻せる方法があるんです。

クリーニングのプロに頼めば直せる

縮んでしまったウールのセーターは

クリーニング屋さんに頼めば元の状態に復元できます。

プロの手にかかればちゃんときれいに元通りになるんですね。

この場合は普通のクリーニングではなくて、

「修繕」としての扱いになるようです。

馴染みのクリーニング屋さんがあれば

相談してみるといいと思います。

馴染みのクリーニング屋さんがなくても、

セーターのどこが何センチほど縮んだなどと状態を説明すれば大丈夫です。

自宅でも直せる方法を解説

クリーニング屋さんに依頼しなくても

自分で縮みを直せる方法もあります。

その方法とは

方法その1

トリートメントを使います。

これは、髪の毛に使うトリートメントのことです。

アモジメチコン(ジメチコン)という成分が入っているものを使います。

洗面器や桶などに水を溜めて、

トリートメントを入れて溶かします。

ここに縮んでしまったウールのセーターを入れて

30分程浸け置きします。

そのあとは、洗濯機で軽く(1~2分)脱水します。

脱水が終わったら形を整えて影干しをしましょう。

何故、トリートメントで縮んだウールのセーターが元に戻るのか。

それは、トリートメントに入っているアモジメチコン(ジメチコン)の成分の

コーティング効果によって元に戻すことができます。

方法その2

アイロンで伸ばす。

これはアイロンのスチームを使って縮んだ部分を伸ばす方法です。

アイロン台に縮んだウールのセーターを置き、

しっかりと固定してからアイロンのスチームでゆっくりと伸ばしていきます。

一気に伸ばすのではなくて、

あくまでも少しずつ伸ばしながらスチームをあてます。

アイロンは直接セーターにあてるのではなくて、

少し浮かせてスチームをあてるのです。

トリートメントを使う方法に比べると時間と根気が必要です。

何故、アイロンで縮んだウールのセーターをが元に戻るのか。

ウールが縮む原因は

繊維がフェルト化してしまい固くなってしまうからです。

それをアイロンのスチームを使って

温めながらほぐしていくということです。

まとめ

ウール製品は縮んでしまっても元に戻す方法がいくつかあります。

諦めないで挑戦してみてください。

お気に入りのものは自分で修復するよりも、

プロのクリーニング屋さんに依頼したほうが良いかと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。