中華鍋の中でどれがおすすめ?中華鍋を使っておいしい料理を作ろう

スポンサードリンク

中華鍋ってとても便利なんです。

チャーハンはもちろん、パスタを作ったり、

おひたし用の野菜をゆでるのにも使えるんです。

揚げ物だってできるし、

せいろを載せれば蒸し器にもできます。

今回は、本格的なものから扱いやすいものまで紹介したいと思います。

中華鍋には種類がある

中華鍋には基本的に、

片手持ちの北京鍋と

両手持ちの広東鍋・四川鍋

の2種類に分けられます。

違いとしては、両手持ちの鍋の方が、傾斜角度が緩やかなので、

コンロと食材の接地面が多く、早く火が通ると言われています。

揚げ物や蒸し物をするのにも、

北京鍋より向いているらしいです。

炒める時には、左右にゆすったり、回すような感じで炒めます。

ただ、私はフライパンの形をした北京鍋を愛用していたので、

炒める時に広東鍋はうまく使えなかったです。

ちなみに北京鍋でも、両手鍋と同じことはできていました。

確実に感じた違いは、北京鍋の方が重いです。

しかも片方しか持ち手がないので、

女性は持ち上げたりするときに不安定に感じると思います。

そんな人には、北京鍋に取っ手が付いたタイプもあるので、

そちらをお勧めしたいと思います。

材質にも違いが!長持ちさせるコツ

最近はいろいろなタイプの中華鍋が出てきましたが、

特徴は材質です。それぞれの特徴は以下の通りです。

◆鉄製

・丈夫

・油なじみが良い

・手入れすれば長く使える

・安く手に入る

・重い

・油なじみが良くなるまでの鍛えが面倒

・錆びやすいと言われている

◆チタン製

・軽い

・錆びない

・お手入れ簡単

・価格が高い

・油なじみが悪い

◆テフロン製

・高熱に弱い

テフロンはそもそも熱に弱いので、

強火で調理する中華鍋には向かないと思いました。

チタン製の中華鍋は、

鉄製の中華鍋のデメリットをカバーするために作られたそうで、

とても軽いんです。1㎏切っちゃうんです。

ただ、価格は高いです。1万円以上します。

鉄製の中華鍋が3個ぐらい買えちゃいます。

そして、火力との接地面が非常に高温になるらしく、

焦げた、とか

揚げ物しないように

と注意書きがされているものもあるらしいです。

それでも軽いのは魅力的です。

高齢者や力のない女性に向いている鍋だと思いました。

お手入れも、ごしごし洗って乾燥させるだけという手軽さが良いですね。

鉄製の中華鍋は、軽く筋トレできるぐらい重いです。

なにより、購入したらすぐ使えるものではありません。

鍛えて鍛えて、更に鍛えてこびり付かない素敵な中華鍋になるのです。

はっきり言って、これが一番面倒だと思います。

ただ、油なじみが良くなってしまえば、お手入れは簡単で、

たわしで洗って(洗剤をつけてはいけません)、

コンロの火で乾かして、軽く油をなじませて終わりです。

鍋の鍛え方を教えてくれるサイトを紹介しておきますね。

料理道具と食器のヤマヤ

http://yamaya-s.co.jp/nabe/itame/katatenabe/karayakihouhou.html

まとめ

中華鍋は、形から材質までいろいろあります。

きっとぴったりくる中華鍋があると思うので、

探してみてはいかがでしょうか?

使い始めたら、「便利すぎる!」と思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。