服についた血の効果的な落とし方!

スポンサードリンク

冬がやってまいりました!

洗濯物が乾かない季節ですが、

毎日やらなければならないので一苦労です。

ふと、洗濯物を洗濯機に入れているとき

「あれ?こんなところに血が付いてる。」という経験はありませんか?

怪我をしても、怪我をしているところしか目がいかないので、

服に血が付いてることに気づかない場合があります。

特に子どもがいる方は、消毒や病院に連れて行くことで精一杯です。

実は服に付いた血は、なかなか落とすことが大変です。

少し取れたとしても、完全に落せる方は少ないでしょう。

子どもの大量の鼻血はもっと落とすのが大変です。

なので、今回はそんな服に付いた血の汚れを、

キレイに落とす方法をお教えします。

少しでも手間を省けるようになれば、嬉しいです!

どうぞ、ご覧ください!

服についた血に効く成分

なぜ服に付いた血は簡単に落とせないんだろう?

と疑問に感じる方も多いでしょう。

私も落とせなくてゴシゴシした結果、

滲んでしまった経験があります。

まずは、血について詳しく説明します。

血には、タンパク質が多く含まれています。

タンパク質は服に付いたら落ちにくい成分であるため、

簡単には落ちてくれません。

なので、ゴシゴシ洗濯してもスルッと気持ちよくキレイにならないわけです。

しかし、タンパク質に勝つことができる成分があります。

それは「酸素」です。

酸素でタンパク質を分解させて、

血を落としやすくしてくれるのです。

頑固な血を落とすには、酸素があれば間違いないと言っていいくらい、

大事な役割を果たしてくれます。

服についた血の効果的な落とし方

血の付いた服を、どのように落とすのが効果的なのか

これから紹介します!

1、水洗いする

気付いたときに、すぐ水洗いをしましょう。

すぐに取れる場合もありますが、

取れない場合は、ハンカチなど布製タオルに水を濡らして、

軽くトントン叩いてみます。

ゴシゴシすると滲んでしますので、

軽くトントンすることが重要です。

2、酸素系液体漂白剤でつけおきする

水洗いで完全には落ちません。

少し残ってしまうので、

その場合は、酸素系液体漂白剤を使います。

先程も言いましたが、

血に入っているタンパク質を分解してくれる酸素が入った漂白剤を、

血の付いた部分につけます。

※漂白剤には、「粉タイプと液体タイプ」の2つがありますが、

液体の方が服になじみやすくなるので、液体タイプをオススメします。

バケツに、中性洗剤を混ぜた水と一緒に服を入れ、

1時間~2時間ほどつけ置きします。

つけ置きすると、漂白剤が浸透し、

よりキレイに落ちやすい状態にしてくれます。

↓↓↓酸素系液体漂白剤の詳細はこちら↓↓↓


3、通常の洗濯をする

通常行なってる洗濯の仕方と同様に洗濯をします。

他の洗濯物と一緒にしても大丈夫です。

洗濯が終わって広げてみると、

どこに血が付いていたのかわからないような、

キレイな状態に仕上がっています!

まとめ

忙しいときに、なかなか落ちにくい頑固な血の汚れを、

スムーズに落とせたら時間も無駄になりません。

毎日の洗濯を楽しく、また汚れた服をキレイに仕上げて、

毎日気持ちよく洋服を着てくれたら嬉しいです!

ぜひ、参考にしてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。