驚異の洗濯煮洗い!漂白剤を使った効果的な方法とは?

スポンサードリンク

一度ついてしまった生乾き臭って、

通常のお洗濯ではなかなか落ちにくいですよね。

そんな時に試してほしいのが、「煮洗い」です。

あまりの落ちっぷりにびっくりしますよ!

煮洗いとは

「煮洗い」とは鍋に洗剤と洗濯物を入れて、

グツグツ煮る洗濯法で、昔から行われていた洗濯方法です。

◇準備するものは?

・大き目のホーローかステンレス製の鍋

・粉せっけんや重曹

・トングや肌の弱い人は手袋

これだけです。

アルミの鍋は、せっけんや重曹のアルカリ性に弱いので

変色や腐食をしてしまいます。

洗剤は液体石鹸でもOKです。

ただ、粉末の方が効果が高いと言われています。

◇洗える生地は?

綿とリネンだけです。

シルクやウール、化学繊維などは生地が傷んでしまったり、

シワがひどくなったりするので、避けたほうが良いです。

熱に弱いプラスチック製のボタンなどが付いた服や、

おしゃれ着などもやめましょう。

◇「煮洗い」って何が良いの?

・60℃以上のお湯だと、洗剤の洗浄力がアップします。

・洗濯物を煮るので、

臭いの原因になっているたんぱく質汚れをきれいさっぱり落とし、

さらに殺菌までしてくれます。

・粉せっけんだけでも真っ白になるので、

赤ちゃんの肌着や、肌が弱い人の下着などに良いです。

・しかも、簡単。

ちょっとやってみたくなりませんか?

漂白剤を使った効果的な煮洗いの方法

粉せっけんや重曹だけでも十分きれいになるのですが、

漂白剤を合わせて使うと、頑固な汚れでもきれいになります。

この時使うのは「酸素系漂白剤」にしましょう。

塩素系漂白剤は生地が傷んでボロボロになるのと、

臭いがきついのでやめた方が良いです。

粉末漂白剤でも液体漂白剤でも良いのですが、

粉末の方が強力です。

いろいろ調べてみたところ、

粉末の酸素系漂白剤は粉せっけんと一緒に使うと、

化学反応の関係で、役に立たないという意見と、

一緒に入れて洗ってもきれいになったという

2通りの意見がありました。

ただ、漂白剤メーカーの注意書きに

粉末・液体共に「熱湯では使用しないこと」と書いてあったので、

グツグツ煮ない方が良いと思います。

ただ、50℃前後の温水で漂白剤は最大限の効果を発揮するので、

お湯は使いましょう。

◇漂白剤を使った洗い方

①粉末石鹸+酸素系漂白剤

1.鍋にたっぷりと水をはり、火をかけます。

水の量は洗濯ものと、洗剤の泡が吹きこぼれないように加減します。

2.お風呂より熱いぐらいになったら、

洗剤と漂白剤をメーカの指示に従った量を入れて、トングなどでよく混ぜ、

洗濯物を入れます。

3.温度が下がらない程度に弱火にかけて、

10分から30分、汚れ具合を見て煮ていきます。

ときどき、トングで混ぜましょう。

4.水でよく洗います。

再度、お湯だけで軽く煮ると、粉せっけんが良く落ちます。

5.洗濯機の、すすぎ→脱水コースを選択。

終了後すぐに干します。天日干しなら更に殺菌されます。

②酸素系漂白剤のみ

基本的には①と一緒です。

4の工程は、水洗いだけで良いと思います。

まとめ

洗濯物の臭いや黄ばみが、こんなに簡単に落ちるなんて驚きでした。

煮洗いのお鍋は専用のものを用意した方が良いですね。

手始めに、ハンドタオルやふきんあたりからやってみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。