排水溝のつまりはこれで解決!洗濯機をきれいに使おう!

スポンサードリンク

洗濯機をまわしていて、

気が付いたら床が水浸しだった!ってことありませんか?

原因は洗濯機の排水溝のつまりです。

排水溝がつまってしまって、

水が流れていかずに溢れ出して大慌てということにならないように、

普段から排水溝もチェックしましょう。

洗濯機の排水溝がつまる原因

洗濯機の排水溝がつまる原因で考えられるのは、

洗濯をしたときに出る、衣類の繊維、

皮脂、髪の毛などがヘドロ状になって溜まってしまっている。

排水溝までのホースの途中でゴミや異物が詰まってしまっているなどです。

他にも排水トラップやホースが凍結しているなどの原因も考えられますが、

だいたいは上の2つが原因だと考えられるでしょう。

それでは、何故洗濯機の排水溝は詰まりやすいのか。

洗濯機の排水溝はキッチンや洗面台などと違い、

手の届きにくい場所にある場合が多く

掃除がしにくいという理由があります。

また、手が届いても他の排水溝のように

蓋を開ければすぐに掃除ができる状態ではありません。

手が届きにくくても、見える位置に排水溝があればよいですが、

排水溝が洗濯機の下や洗濯機を移動させないと

掃除が出来ない位置にあったりすることもあります。

こうなってしまうと洗濯機を移動させなければならず、

女性一人の力では難しいです。

また、洗濯機から出ている排水ホースには

エルボという固定器具がつけられていて、

それを外すなどの作業も発生します。

排水溝のつまりに対する効果的な対策

では、排水溝がつまるのを予防する方法はないのか。

洗濯をすれば、必ず、糸くずなどのゴミが出てしまいます。

洗濯機の中にゴミ取り用のネットを入れるなどすると、

いくらかはゴミを取ってくれます。

また、洗濯槽クリーナーで洗浄や防カビをするのも効果的です。

他にも、排水ホースを一年に一度くらい交換するのもいいですね。

また、節約のために

お風呂の残り湯を使って洗濯をしているご家庭も多いと思いますが、

これは排水溝がつまる大きな原因になる可能性があります。

お風呂の残り湯には、皮脂、垢、髪の毛などが混ざっています。

これらが洗濯をする度に、排水ホースや排水溝に蓄積されて

つまりの原因となるのです。

残り湯には雑菌も多く、衛生面や匂いなどの心配もあるので、

節水したい気持ちはわかりますが、

やめた方がよさそうです。

まとめ

洗濯機の排水溝の掃除なんてしたことがない

という方も少なくないと思います。

でも、排水溝をみてみると

びっくりするほどゴミがヘドロ状になって溜まっていますよ。

排水溝がつまると水が溢れ出したり、

洗濯機がエラーになって動かなくなってしまうので、

そうなる前に定期的に掃除をすることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。