汚れが焦げ付くフライパンの見事な復活劇!

スポンサードリンク

フライパンの焦げ付きに頭を悩ませている主婦の方は多いと思います。

奮発して焦げ付かないと謳っているフライパンを購入しても、

使っているうちに焦げ付いてきてしまったりしますよね。

仕方がないので、

お手頃な価格のフライパンを定期的に買い替えながら使っている

という方もいると思います。

フライパンはどうしてすぐに焦げ付いてしまうのか?

焦げ付いてしまったフライパンは元に戻せないのか?

といった主婦の方の悩みを解決します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

T-fal ティファール IHセレナーデ エクセレンス セット9
価格:10789円(税込、送料無料) (2017/12/27時点)


フライパンに焦げがつく仕組み

餃子を焼いても皮が全部フライパンにくっついて剥がれてしまった!

など作った料理の見た目も悪くなり、

フライパンの焦げ付きは、料理をするのに本当に困ります。

まず、テフロン加工のフライパンが焦げ付く理由は、

なんらかの原因で肝心のテフロン加工が剥がれてしまったことです。

毎日使うことで少しずつ剥がれてしまうと思われます。

ちなみに剥がれたテフロンが料理と一緒に口に入ってしまっても、

体外に排出されるので心配はありません。

他に考えられるのは正しい使い方をしていないこと

例えば、金属のヘラを使っている、

洗う時に強く擦りすぎてしまうなどといったことです。

わかってはいてもついやってしまいますよね。

次に鉄のフライパン

鉄のフライパンはとてもよいものですが、

扱いが難しいです。

熱量の伝わりも良いので火加減が難しく、

つい火力が強すぎたり、

油の量も加減が難しく

テフロン加工のフライパンに慣れてしまっていると

少なすぎたりということがあります。

そんな理由で焦げ付きができてしまいます。

一度、焦げ付きができると料理に焦げ付きがついてしまって、

味にも影響がでてしまいます。

フライパンの復活劇

それでは、焦げ付いてしまったフライパンの復活方法!

テフロン加工の焦げ付きの原因は、

テフロンが剥がれてしまったことなので

いくらきれいに洗ったり磨いたりしても復活しません。

リーズナブルな価格のフライパンなら諦めて買い替えできますが、

奮発して買った値段の張るフライパンなら諦めきれないですよね。

でも、諦めなくても復活できるんです!

それは、自分でフッ素を塗るという方法で、

「フッ素革命」なる商品があります。

これを購入して、自分でフッ素加工をすることができます。

スプレータイプのもので、

塗ったあとにふき取るだけで簡単にフッ素加工ができる

というありがたい商品です。

鉄のフライパンの復活方法です。

鉄のフライパンの焦げ付きは、料理の焦げ付きなので

これをしっかりと落とすことです。

それでも、取れない場合はナイロンタワシなどを使って

徹底的にフライパンを磨きます。

洗い流して乾燥させたら、サンドペーパーで磨きます。

その後は、鉄のフライパンを使い始めたときと同じ空焚きをして

油をなじませるなど作業をします。

まとめ

テフロン加工のフライパンの寿命は2~3年

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

T-fal ティファール IHセレナーデ エクセレンス セット9
価格:10789円(税込、送料無料) (2017/12/27時点)


鉄のフライパンは長く使えば使うほど油がなじみ使いやすくなり

一生ものと言ってもよいでしょう。

どちらのフライパンも長く使うには正しい使い方を守ることが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。