水垢がついたシンク!きれいな落とし方を公開!

スポンサードリンク

毎日、料理に使い、

こまめに掃除しているけど色々な汚れが溜まるのが

キッチンのシンクですね。

例えば、白い水アカやヌメリなど.....

いやですね。

どうすれば、ピカピカにでき、

気持ちよく料理ができる状態にできるのでしょうか。

そんな悩みを解決しましょう。

まず、根本のメカニズムを知るために

「水垢がつく仕組み」をできるだけわかりやすく解説した後、

ピカピカにするための「シンクについた水垢の効果的な落とし方」を紹介していきます。

■水垢がつく仕組み

シンクに付着する水垢の原因は何でしょうか?

原因として考えられるのは、

水道水に含まれる

カルキ(次亜塩素酸カルシウム:Ca(ClO))、

カルシウム(Ca)、

マグネシウム(Mg)、

ナトリウム

などの「ミネラル」と言われる物質なんです。

シンクに水が付着している場合、

液体である本来の水は蒸発すれば空気中に浮く気体になり、

シンクからはなくなります。

しかしながら、上述したようなミネラルはシンクに付着したままとなります。

結局、シンクを掃除しても湿ったまま放っておくと、

ミネラルなる水垢が残ることになるんですね。

さらに、掃除しないままにしておくと水垢などなどが溜まることになり、

ドンドン頑固な汚れとなり衛生的にもよくないですね。

■シンクについた水垢の効果的な落とし方

さて、まず準備です。

下記のようにお酢かクエン酸などを準備してください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クエン酸(無水)1kg(食品添加物)【送料無料】クエン酸
価格:580円(税込、送料無料) (2017/12/27時点)


<クエン酸の場合>

液体の量 :小さじ1/2

水量 :100ml

スプレー容器 :1個

<お酢の場合>

液体の量 :200ml

水量 :100ml

スプレー容器 :1個

作り方はいたって簡単で、

スプレー容器にクエン酸かお酢、そして水を入れ、

よくかき混ぜ溶かします。これで出来上がり。

スプレー容器の容量に合わせて上記の比で調整すると良いでしょう。

さぁ、掃除を開始しましょう。

いや、ちょっと待った。まだ、準備するものがありますよ。

・重曹、

・キッチンペーパー、

・ラップ、

・歯ブラシ

これで準備OKです。

<掃除の手順>

1.キッチンペーパーをたくさん用意して、
水垢が目立つ部分を覆います。

2.キッチンペーパーの上から、
準備したスプレーの酸性液をしっかり濡れるように吹きかけます。

3. スプレーの酸性液が蒸発しないように、
ラップをかけて1時間程度放置します。

4. その後、キッチンペーパーを取り除き、
シンク全体に重曹をまぶします。

5.まぶした箇所を歯ブラシを使って磨きます。

6.水で十分に流せば、完了です。

シンクの掃除のタイミングは週1回がベストでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。