人気のラテックスのマットレス!アレルギー対策は万全に!

スポンサードリンク

喘息やアトピーなど、家族にアレルギーがいる人は、

ダニに敏感なのではないでしょうか?

家の中でダニが一番多いところを知っていますか?

おそらく、皆さん「布団」と答えるのではないでしょうか。

正解です。

最近は家庭用洗濯機で洗える布団も増えてきましたが、

マットレスは洗えません。

最近、我が家のマットレスがボロボロになってきたので、

買い替えを検討していたところ

「ラテックス」をいう文字をよく見かけました。

ラテックスというと、ゴム手袋のイメージしかない私。

詳しく調べてみましたよ。

ラテックスマットレスの特徴

ラテックスマットレスは、

天然ゴム樹脂100%を原料としているのが一番の特徴と言えます。

では、なぜ人気なのでしょう?

低反発でも高反発でもない

寝具売り場でよく目にする「低反発」と「高反発」。

どちらが体に合うか、試した人も多いと思います。

これでどちらかが合えばよいですが、合わない人もいますよね。

ラテックスマットは、その間を取った、

ちょうど良いマットレスなんだそうです。

なので、体にぴったりとフィットして、

支えるところは支え、沈むところは沈むので、

体に無理がかからなく寝られるとのことです。

耐久性

普通に使えば、10年は型崩れもなく使えるようです。

ただ、ゴム樹脂の良し悪しや発泡過程での技術が悪かったりすると、

品質は低下するようです。

耐久性はあるのに、紫外線に当てると自然分解するというのも

環境にやさしいです。

中にコイルが入っていないので、

処分するときは切ってゴミに出すことも可能とか。

(処分するときは、自治体の指示に従うと良いでしょう)

ラテックスマットレスでアレルギー対策

ラテックスマットレスを調べていて、私が一番注目したのは

高い抗菌性です。

なんと、大腸菌・ブドウ球菌・MRSAなどで

優れた殺菌効果を示したそうです。

ということは、ダニやカビも防いでくれるってことですよね?

その上、天日で干す必要もありません。

喘息持ちの家族がいる我が家にぴったりそうです。

そうは言っても、

マットレスを包む布地とフレームが接する面では

カビが発生する可能性があるので、

定期的にマットレスを起こして乾燥させるとか、

湿気取りパッドを敷くとかの対策は必要そうです。

ただ、どこのご家庭でも、

マットレスに敷きパッドを敷いて使用されていると思うので、

そこまで深刻に考えなくても良いと思います。

もし、ゴム手袋などでかぶれてしまう人は

ラテックスアレルギーかもしれないので、

購入前に病院に相談された方が安心です。

まとめ

アレルギー持ちで、マットレスの購入を考えている人は、

ぜひ検討してほしいと思いました。

購入の際には「天然ラテックス100%」にこだわると良いそうです。

それだと臭いもないらしいですよ。

日本でも各メーカーが出しているので、

自分に合ったものを見つけてみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。