引っ越しの準備に!マットレスによって料金が変わる!?

スポンサードリンク

4月に新生活をスタートする方は、

そろそろ賃貸契約を結んだり、

新生活に必要なあれこれを買っているかと思います。

新しいお部屋はうきうきしますよね。

「どんなテイストにしよう」とか考えるのも楽しみのひとつです。

でも、その前に引っ越し業者を早めに選びましょう。

直前に慌てて選ぶと損することになるかもしれません。

引っ越し料金が変化する仕組み

まずは、引っ越し料金の仕組みをおさらいしましょう。

ユニークなCMでおなじみの、

引っ越し見積り比較サイト「引越し侍」さんに

単身引っ越し料金の相場表があったのでお借りしてきました。

移動距離 単身
(荷物量:普通)
単身
(荷物量:多め)
オフシーズン 繁忙期 オフシーズン 繁忙期
近距離(20km以内) 37,805円 49,147円 44,315円 57,610円
近距離(50km以内) 43,595円 56,674円 45,980円 59,774円
中距離(100km) 56,775円 73,808円 60,000円 78,000円
長距離(200km) 60,642円 78,835円 63,213円 82,177円
長距離(300km) 74,112円 96,346円 81,394円 105,812円

「参考:引越し侍(https://hikkoshizamurai.jp/plan/single-pack/)」

近距離なら4から6万円、

長距離なら7から10万ぐらいが目安となるようです。

移動距離と引っ越し時期によって、

料金が変わることが分かりました。

ちなみに、荷物量が多めとは、

2tショートトラック程度に入る位をさします。

そして、各社出している、「単身パック」の料金ですが、

1万5千円からあります。

マットレスで考えてみる

「そんなに荷物もないし、

見積もり業者に来てもらうのも面倒だし、

安い単身パックでいいよ」

と思っている人、ちょっと待ってください!

そんな安易な決め方をしていると、当日困ったことになるかもしれません。

そもそも、単身パックとは、どのようなシステムか知っていますか?

どの会社も

「高さ170cm×横幅110cm×奥行き100cm」

程度の滑車付きコンテナボックスに荷物を積み込み

輸送する引越しサービスとなっているので、

これに入りきらない荷物を持っている人は

単身パックを契約すると、かえって料金が高くついてしまいます。

ざっくり見ただけでも、ベッドは入りそうにありません。

ばらせば大丈夫!と思っているあなた、

マットレスを使っていますよね?

そのマットレス、入りますか?

■Yesのあなた

→きっと折り畳みのマットレスなのでしょう。そのまま単身パックへ。

■Noのあなた

→①引っ越し業者に見積もりを頼みましょう。きっとぴったりなプランが見つかります。

→②マットレスを捨てて、単身パックへ行きますか?

①を選んだ方の中には「やっぱり見積り面倒」

と思う人も多いと思いますが、

見積もり比較サイトで見積もればすぐですし、

中には距離や荷物の量、学割サービスなどで安くなるケースもあります。

いくつか比較サイトのHPを紹介するので、

検討してみてはいかがでしょうか?

見積もりだけではなく、

引っ越し準備のやり方なども紹介しているので、損はないと思います。

・引越し侍:https://hikkoshizamurai.jp/

・スーモ:https://hikkoshi.suumo.jp/

・価格.com:http://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/

まとめ

単身パックのコンテナにマットレスが入らないのは意外でした。

今後、転勤などで多く引越しする予定のある人は、

折り畳みマットレスも視野に入れたほうが良いかもしれませんね。

新生活にはお金がどうしてもかかるので、

賢く引越しをして、お金を新生活に使ってくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。