普段から洋服を美しく!おしゃれ着洗剤の違い!

スポンサードリンク

カシミヤやウールや絹、これらの素材で作られている洋服は

おしゃれ着洗剤で洗濯するのがベスト!

でもなぜ普通の洗剤で洗ってはいけないのでしょうか?

おしゃれ着洗剤と普通の洗剤の違いって何なのでしょうか?

使用する洗剤を間違えると洋服をダメにする!?

おしゃれ着洗いと普通の洗剤の違いをご紹介します。

【普通の洗剤との違い】

洗剤はpH値と呼ばれる液性によって違いがあります。

pH値の数値が高いとアルカリ性、低いと酸性になります。

洗う素材や目的によってアルカリ性の洗剤や酸性の洗剤を使い分けます。

一般的な洗剤は弱アルカリ性、

おしゃれ着洗剤は中性洗剤にあたります。

弱アルカリ性の性質を持つ普通の洗剤は

洗剤の中でも洗浄力が高くなります。

そのため汚れを落とすのには適していますが、

その分洋服への負担も大きくなります。

その反面、中性の性質を持つおしゃれ着洗剤は

洗浄力はあまり強くはありませんが、

素材を傷めることなく洗うことが出来ます。

【おしゃれ着洗剤による違い】

では実際におしゃれ着洗剤を使用すると、

洋服にどんな良い影響があるのでしょうか?

おしゃれ着洗剤を使うことでの1番のメリットは

やはり生地や素材への負担がすくないということです。

おしゃれ着洗剤はデリケートな素材でも

ふんわりと仕上げることが出来るように

わざと洗浄力を弱くして作られています。

洗浄力が低いといっても

汚れが落ちないということではありません。

頑固な汚れではない限り十分にきれいにすることが出来ます。

おしゃれ着洗剤は生地への負担が少ないため、

何度繰り返し洗濯してもヨレたり縮んだりする心配がないのです。

またウールや絹などは動物性の繊維で、

普通の洗剤を使って洗濯してしまうとゴワゴワになってしまいます。

おしゃれ着洗いには仕上がりを考え、

服を滑らかにする成分がもともと配合されています。

そのためしっとりとした着心地の良い仕上がりになるのです。

漂白剤や色落ちの原因となるものも配合されていないため、

普通の洗剤を使うより色あせなどの予防にもなります。

ただしおしゃれ着洗剤であっても使用できない生地もあります。

必ず使用できるかどうか事前に確認しておきましょう。

洋服を長く持たせるためには

洗剤選びはとても重要になります。

ウールやカシミヤなどの洗濯に普通の洗剤を使うことは

絶対にダメということではありません。

しかしご紹介した通り、生地への負担は大きく、

そのため早くダメになってしまう可能性が高いのです。

大事な洋服を長持ちさせたいと考えているなら

その繊維の特性に合った洗剤を使用するようにしましょう。

せっかくのおしゃれ着をゴワゴワした状態では着たくないですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。