意外と簡単!?網戸を張り替えるコツ!

スポンサードリンク

夏になると窓を開けて涼むことが多くなります。

そんなときに、家の中への虫の侵入を防ぐ網戸が便利です。

久しぶりに窓を開けて網戸を使おうと思ったら、

年月による劣化などで穴が開いていたり、

端の方が破けていたりで、

せっかくの網戸の役割を果たせない状態になっていることがあります。

修理を業者に頼むと結構な料金がかかるし、

すぐに直しにきてくれるのだろうか?と考えてしまいますよね。

でも、自分でも簡単に網戸を張り替えることができるのをご存知ですか?

意外と簡単にできる網戸の張り替え方を紹介します。

網戸を張り替えるために準備するもの

まずは必要な道具を揃えましょう。

・新しい網戸のシート

・網戸用ゴム

・押さえローラー

・カッター

・網戸固定クリップ(洗濯バサミで代用可能ですが、あった方が便利です)

こんなところでしょうか。

これらは、ホームセンターなどで簡単に手に入れることができます。

新しい網戸シートを買いに行く前に

サイズの確認を忘れないようにしましょう。

網戸シートは種類があって、

目の細かいもの、

外の景色が見えやすい黒い色の網戸シートや

マジックミラーのように外から家の中が見えにくいものなどがあります。

好みや予算を考えて選んでください。

他にも網戸用のゴムにも太さの種類があります。

網戸のゴムを押し込む隙間よりも、

少しだけ太いものを購入してください。

網戸を張り替える手順・コツ

それでは、網戸の張り替えに挑戦しましょう。

・まず、古い網戸のゴムを引っ張って剥がし、古い網戸を取り除きます。

・新しい網戸シートを固定クリップで押さえる。

(網戸の目が窓のさんと並行になるように気を付けて)

・隙間にローラーで網戸用ゴムを押し込む。

(この時に、網戸にゆるみがでないようにピンと張りながら作業します)

・はみ出た網戸シートをカッターで切る。

以上です。

一人で作業をする場合は

網戸シートがずれないように強めのクリップを使うことをお勧めします。

まとめ

想像していたよりも網戸の張り替えは簡単でしょう?

これなら自分で出来ると思った人も多いはず!

網戸シートは種類によって値段も様々ですが、

道具はどれも手軽な値段で購入できます。

もしくは、以下サイトでまとめて購入してしまうのも良いでしょう。

最近ではホームセンターで張り替えセットとなって

必要なものが全て揃って販売している場合もあります。

一度、道具を揃えてしまえば

ずっと自分で網戸を張り替えることができますよ。

張り替えた新しい網戸から入ってくる新鮮な空気はとても美味しいと思います。

是非、チャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。