気づかぬうちについてしまった血液染み。

スポンサードリンク

染みになってしまった血液は

普通に洗濯しただけでは落とすことが出来なくなってしまいます。

でもその血液の染みを重曹を使うことで

簡単にキレイにすることができるそうなんです。

なぜ重曹を使うと血液の染みを落とすことが出来るのか?

どうやった方法で落とすのか?

重曹を使った洗濯方法をご紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マルフク 自然にやさしい重曹 お徳用 1kg
価格:295円(税込、送料別) (2017/12/27時点)


【血液を落とす仕組み】

血が衣服についてもすぐに気づくことが出来たら、

水洗いのみでも落とすことが出来ます。

しかし、少しでも時間がたってしまえば

血液中のたんぱく質が酸化し固まり、

落ちにくくなってしまうのです。

そこでおススメなのが重曹を使うという方法です。

重曹は万能洗剤といわれており、

様々な汚れを落とすのに優れた性質を持っています。

血液染みはたんぱく質が汚れの主成分となります。

重曹はそのたんぱく質の汚れに強いため

重曹を使って洗濯することで、

キレイに落とすことが出来るのです。

【重曹を使った洗濯法】

<準備するもの>

・重曹

・ぬるま湯(30℃~40℃程)

・バケツ

衣服がしっかりつかるほどのぬるま湯を

バケツの中に入れます。

ぬるま湯に重曹を入れ混ぜます。

そのバケツの中に衣服を浸け、

押し洗いを何度か繰り返したあと

20分から30分ほどつけおきします。

20分から30分経ったら再度押し洗いを数回繰り返し、

最後に洗濯機ですすぎ・脱水をします。

重曹の量はぬるま湯500ミリリットルに対して大さじ1杯程度ですが、

染みがついている時間が長かったり、

範囲が広いなどであれば

状態に合わせて重曹の量を増やすようにしてみてください。

血液は熱いお湯をかけると固まってしまうという性質があります。

そのため水かぬるま湯を使用するようにしましょう。

頑固な血液染みになってしまっている場合は

液体タイプの酸素系漂白剤を併用すると

よりキレイに落とすことが出来ます。

重曹と酸素系漂白剤を1:1でまぜ

血液染みのひどいところに直接塗りこみます。

その後先ほどご紹介した方法で洗濯します。

さいごに

重曹を使うことで衣類への負担も少なくすみますし、

とっても簡単な方法なのでぜひ試してみてください。

血液の染みは簡単には落ちないと思って

クリーニングに出しているという方も少なくないようです。

クリーニングに出すと染み抜きが必要になるので、

結構代金もかかるんですよね。

しかしご紹介したとおり、重曹を使うことで

簡単に血液染みは落とすことが出来ます。

重曹は他にもキッチン、お風呂、トイレなど

様々な掃除に活用することが出来ます。

おうちにひとつ用意しておくことで

こういった血液染みが出来た衣服を見つけても

すぐに対処が出来るようになります。

ご自宅に重曹を置いておくということは

様々なときに助かるのでとってもおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。