安全?危険?紫外線吸収剤の成分一覧と説明

スポンサードリンク

「紫外線吸収剤」は、皮膚の表面で紫外線を吸収し、

化学反応でエネルギーに変換して放出し、

紫外線が肌の内部に入り込むのを予防するものです。

また、紫外線散乱剤より紫外線防御力が高く、

使用感もよいです。

しかし、化粧品の安全性にこだわっている人は、

紫外線吸収剤の“化学的なエネルギー変換”を

気にしているかもしれません。

そこで、その点をできるだけ明らかにしようと、

・紫外線吸収剤成分の一覧

・紫外線吸収剤のメリットとデメリット

についてまとめてみましたので紹介します。

紫外線吸収剤成分の一覧

主に日本の化粧品で頻繁に使用されている

紫外線吸収剤の成分をあげると以下のようになります。

・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

・メトキシケイヒ酸エチルへキシル

・オキシベンゾン-3

・オクチルトリアゾン

・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

・ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル

・パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル

・メトキシケイヒ酸オクチル

特に、上からの3つは、

約75%の紫外線吸収剤入り商品に配合されている代表的な成分です。

その3成分についてもう少し説明します。

t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

数少ない長波紫外線であるUV-Aを吸収する吸収剤

頻繁に使われています。

メトキシケイヒ酸エチルへキシル

主にUV-Aの次に波長が長いUV-Bを吸収する成分で、

ニオイに特徴があり、粘り気のある液体です。

最も使用頻度の高い紫外線吸収剤でしょう。

オキシベンゾン-3

UVAとUVBの両方を吸収できます。

肌を赤くヒリヒリさせるUVBを

どの程度の時間防げるかを表した数値である

SPF値が高い製品によく使われます

紫外線吸収剤のメリットとデメリット

紫外線吸収剤のメリット

最大のメリットは、

やはり紫外線防御効果が高いことです。

無色透明のオイルである吸収剤は、白浮きしなく、

塗り心地はサラサラで汗にも強いという特徴を持っています。

更に、非常に高い吸収効率で

少量でも広範囲の紫外線を防御できる吸収剤もあります。

そのため、高い紫外線防御指数をもつ日焼け止めには

基本的にこれらの成分が配合されていることが多いです。

紫外線吸収剤のデメリット

全般的に、紫外線吸収剤は、高い防御率である分、

乾燥や刺激などの肌への負担が心配されます。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収すると

化学反応により熱エネルギーに変換して

外部に放出する性質があります。

そのため、熱のエネルギーでひふの水分が蒸発し

乾燥を招くことがあります。

さらに、紫外線吸収剤は有機化合物なので、

人によって肌に刺激を感じることがあります。

一方、紫外線を浴び続けると吸収剤自体が分解してしまい、

時間経過と共に徐々に紫外線防御効果が弱まります。

したがって、その効果を維持するためには

こまめに塗りなおす必要があります。

最後に、

紫外線吸収剤の成分と

メリット・デメリットについて説明しました。

高い紫外線防御効果や使いやすさ、

使い心地などを好むならば、

紫外線吸収剤を含む日焼け止めの製品を選ぶのがおすすめです。

ただ、お肌の敏感な人は

購入時に相談してみるとよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。