北側の部屋は、湿気とカビだらけ!?原因と対策を徹底指南

スポンサードリンク

北側の部屋はなんとなくカビ臭い

と感じることはありませんか?

特に梅雨の時期はジメジメしがちですし、

冬でも結露によって部屋の湿度が上がると

カビが発生しやすくなってしまいます。

私もクローゼットを開けたらカビ臭く、

服やバッグがカビだらけになっていたという経験があります。

押し入れも要注意です。

またタンスを動かしてみると

壁にカビが繁殖していることもあります。

カビは嫌な匂いを発するだけでなく、

喘息やアレルギーの原因にもなり、

体にも悪いので、対策をしっかりしておくことは

家族の健康にとって大切です。

では、なぜ北側の部屋は湿気がたまりやすいのか、

またその対策と予防についてご説明します。

なぜ北側の部屋は湿気がすごいの?

北側の部屋は

カビが好む湿度・温度・栄養

を持ち合わせていることが多いのが原因です。

多くの方が北側の部屋を寝室として使っておられます。

梅雨や結露により湿気が高くなった空気は、

風の通りが悪いタンスの裏側や押し入れなどに

溜まりやすくなります。

また、人は寝ているときに

コップ2杯分の汗をかくと言われています。

その汗が部屋の湿度をあげる原因にもなります。

北側の部屋は太陽が当たらないので、

湿度が下がりにくいです。

冬に加湿器を使ったり、

ストーブでお湯を沸かしたりしていると湿度が上がります。

部屋の中の温度が20度から30度であれば

ガビやダニが発生しやすくなります。

それに、ホコリはカビの栄養分になりますし、

人間の体から出た垢や畳なども

カビが発生しやすい環境を作る原因になります。

湿気の対策法と予防法を指南

何と言っても部屋の換気が最も大切です。

タンスの裏側・ベットの下・押し入れやタンスの中

にカビは発生しやすいので、

そのようなところに空気が溜まってしまわないように、

定期的に換気する必要があります。

天気が良い日は必ず窓を開けて空気を入れ替え、

できるだけ布団を干しましょう。

布団を敷きっぱなしにすることは絶対に避けます。

押し入れやタンスは開けて風を通しましょう。

ベットの下にも物は置かないように気を付けます。

ホコリが溜まらないように、こまめに掃除をします。

さらに除湿機や布団乾燥機があれば、

湿気を飛ばすのに便利です。

押し入れの中にスノコを敷くだけでも

換気に効果があります。

市販の除湿剤を置いたり、

重曹を置いたりすると湿気を吸い取ってくれます。

できてしまったカビは、

市販のカビ防止のスプレーで早めに取り除きましょう。

また薬局で次亜塩素酸ナトリウムを購入し、

3倍の水で薄め、カビに吹きつけるのも効果があります。

しばらく放置して、雑巾で拭き取ります。

カビに対して掃除機を使うのはやめましょう。

逆にカビの菌が部屋中に飛び散ってしまいます。

濡れた雑巾で吹いただけでは効果はありません。

すぐにカビが生えて来てしまいます。

頻繁に換気をすることと、

これらのカビ防止の対策を怠らなければ、

北側の部屋でも快適に過ごすことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。