これを何とかしたい!お腹がチクチクは便秘のサイン!

スポンサードリンク

ほとんどの方が便秘でお腹がチクチク痛い

という経験をされたことがあるでしょう。

本当に辛いですよね。

特に会社勤めをしている人は、

朝の出勤前の忙しい時間帯にゆっくりトイレに行く暇がなくて、

便秘に悩んでいる方が多いかもしれません。

私も朝早く出勤しなければならなかったOL時代には、

そのような問題に直面しました。

満員電車の中で立っていられないほど、

急にお腹が痛くなったこともあります。

また会社では、

便意が来ても自由にトイレに行ける環境でなければ、

ますます便秘がひどくなってしまいますよね。

そんなお悩みを持つ方のために、

お腹がチクチクする理由と、

痛くなりにくい便秘薬についての情報をまとめましたので、

参考にして下さい。

お腹がチクチクするのはなぜ?

便秘とは、排便のメカニズムが乱れて、

便が長く腸の中にとどまり、

痛みなどの不快感をもよおす状態のことです。

便秘になると、

結腸の色々な部位に腹痛をもたらします。

便が硬いため、それを押し出そうと腸の筋肉が収縮することにより、

痛い部分が変わります。

中には痛みを感じない人もいます。

しかし、

・排便の回数が少ない人

・硬い便が出る人

・残便感や腹部の張りがある人

も便秘と言えるでしょう。

また便秘経験するのは大抵の場合女性です。

これは女性の骨盤と関係があります。

女性の骨盤は出産するための構造になっているため、

男性よりも広がっています。

そのため骨盤内に大腸が入り込み、

便が通過できにくい状態になっています。

さらに黄体ホルモンが原因の場合もあります。

黄体ホルモンの作用により、

排卵のために水分や塩分を溜めるようになるため、

腸内の水分が減り、便が硬くなって便秘になりやすくなります。

妊娠している場合、子宮が緊張しているため、

腸の動きが悪くなり、便秘を引き起こすこともあります。

いずれにしても、運動量を増やし、

水分と食物繊維を多めに取るようにすれば

便秘を防ぐことができます。

それでも便秘が改善されず、

チクチク痛むのであれば

便秘薬の力を借りて解決しましょう。

痛くなりにくい便秘薬5選

便秘薬と聞くと、

痛みを伴いながらトイレに駆け込まなければならない

というイメージをお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。

痛くなるのは、

腸を刺激して排便を促すタイプの便秘薬を使った場合です。

ですから、痛みを避けるために

酸化マグネシウム製剤を使うことをお勧めします。

この製剤の中の酸化マグネシウムが、

腸の中に水分を引き寄せ、

固くなっている便を柔らかくします。

そして便が重くなると、自然に腸が動き始め、

お腹がチクチク痛むことなく便を排出できます。

市販されているオススメの酸化マグネシウム製剤には

以下のようなものがあります。

1.3Aマグネシア

保水力が高く、穏やかな刺激で、排便を促します。

http://www.fujix3aca.com/docs/nakami/mag.html

2.酸化マグネシウムE便秘薬

甘味料とレモン香料入りなので、飲みやすいです。

https://ebenpi.net

3.アストルベン錠

便秘薬としての効能の他に、胃酸を穏やかに中和させる作用もあります。

https://www.darm.co.jp/products/ast/

4.イオナミンZ

口の中でスッと溶け、苦味もないので子供でも飲みやすいのが特徴です。

http://www.z-ion.com/ionaminz/m600.html

5.スラーリア便秘薬

飲んですぐに効く速崩錠なので、短時間で腸に効きます。

1、2時間で効果を感じる人もいます。

https://jp.rohto.com/slaria/oral/

これらの便秘薬は、

服用しているうちにだんだん慣れて効かなくなる

ということはありません。安心して服用できます。

生活習慣や食事に気をつけながら、

そしていざという時には便秘薬の力を借りて、

排便を習慣化し、快適な日々を過ごしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。