新しいカーペットに汚れが!その汚れ、重曹で解決できます②

スポンサードリンク

買ったばかりのカーペットを

汚してしまった経験はありませんか?

私はスープをカーペットの上にこぼして、

大きなシミができてしまったことがあります。

洗剤などで汚れを取ろうとしましたが、

なかなか取れず苦労しました。

特に新しいカーペットにシミができてしまったらショックですね。

シミや汚れをそのままにしていると、

ダニが発生したり、異臭がしたりするので大変です。

小さいカーペットなら洗濯することも可能ですが、

大きなカーペットはそういうわけにはいきません。

汚れた所だけを簡単に自宅で掃除できたらいいですね。

そんな時に効果を発揮してくれるのが重曹なんです。

重曹は洗濯や料理にも使える便利グッズです。

この方法を早く知っておけば、

うっかりカーペットを汚してしまっても解決できます!

では今回は重曹でカーペットの汚れを取る

具体的な方法をご紹介します。

軽い汚れは重曹におまかせ!

軽い汚れであれば、

重曹水を作ってカーペットに吹き付けるだけで、

汚れが取れます。

まず霧吹き機にお湯と重曹小さじ一杯を入れ、

よく振って混ぜます

重曹は水には溶けにくいので、

必ずお湯と混ぜるようにします。

これを汚れのついた所に吹きかけて、

少しの時間放置しておきます。

そして湿った雑巾でとんとんと叩きます。

この時擦らないように注意します。

これを何回か繰り返せば、

ほとんどの汚れは取れてしまいます

直ぐ使えるように、

重曹水のスプレーを部屋に常備しておくといいですね。

汚れがついてしまったら、

できるだけ早いうちに取ってしまうように心がけましょう。

カーペット全体を掃除したいときは、

重曹を撒く方法が効果的です。

重曹を直接カーペットにまいて、

ブラシや手で擦り込みます。

そのまま一晩置いて、翌朝しっかりと掃除きをかけます。

このとき丁寧に掃除機をかけるようにしましょう。

シミを吸い取った重曹が残らないように、

満遍なく掃除機をかけていきます。

重曹には酸性の汚れを中和する作用があります。

また消臭作用があるので、臭いも取ってくれます。

ペットを飼っている方には、

特に汚れが目立たなくても、

定期的にこの方法で掃除することをお勧めします。

頑固な汚れの落とし方!

上で紹介した方法でも落ちないような

頑固な汚れはどうしたらよいでしょうか?

頑固な汚れには、

重曹とワイドハイターを使う方法があります。

20ml程度の液状のワイドハイターと大さじ一杯重曹を混ぜて、

ペースト状にします。

雑巾は熱いお湯で濡らすか、

電子レンジで温めた方が効果が出ます。

ペースト状にした液を汚れたところにかけて、放置します。

しばらくして熱い雑巾で叩きます。

この時も擦らないようにして下さい。

そして少量の水をかけて、

乾いた雑巾で叩きながら拭き取ります。

まだ汚れが目立つようであれば、

もう一度ペースト状の液をかけて叩きます。

最後には必ず水で拭き取るようにします。

注意点として、柄のカーペットの場合、

ワイドハイターの漂白作用で色落ちしてしまうかもしれません。

カーペットの端などで色落ちしないか

確かめてから使うようにお勧めします。

これらの方法を駆使すれば、

カーペットをいつも清潔に保つことができますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。