社会人の常識!?ネクタイの汚れを防止するには?

スポンサードリンク

もうすぐ4月になります。

そろそろ桜も咲く時期なので、

学生になる人や新社会人になる人など、

新たなスタートをきる人もたくさんいることでしょう!

新社会人になる人は、

スーツを何着か購入して準備万端にしていると思いますが、

洗濯方法がわからない人が多いはずです。

特に実家から出て、一人暮らしをする人は、

全部一人でしないといけないので、

洗濯方法は知りたいものですよね。

スーツやワイシャツはクリーニングに出す方法もありますが、

ネクタイまでお金を掛けたくはないものです。

ネクタイはお手入れをしっかりしていれば、

汚れを防止することができるので、

お手入れ方法をご紹介します!

ネクタイの基本的な洗い方は?

ネクタイはどのように洗えば良いのか気になりますよね。

まず、ネクタイを洗う習慣がある人は少ないと思います。

汚れが付いたら、普通の洗濯物と一緒に洗濯機に入れて洗う、

というのが普通だと思ってしまいます。

では、ネクタイの洗い方を

洗濯機編と手洗い編に分けて見てみましょう。

洗濯機編

1)洗濯ネットにネクタイを入れる。

シワにならないように、

伸ばした状態でネットに入れると良いでしょう。

また、洗濯ネットを折った時に両側を紐でしばれるタイプの方が、

ネクタイが絡まることがありませんよ。

2)洗濯機に入れて、洗剤を入れる。

ネットの中でネクタイが絡まないように、

丁寧に洗濯機に入れましょう。

洗剤は「おしゃれ着用洗剤」を使うと、

シワがなりにくく、キレイに仕上がるのでオススメです。

3)ドライコースで洗濯する。

ドライコースがなければ、手洗いコースなど、

優しく洗ってくれるコースを選びましょう。

標準コースだと、洗い方が少し荒くなってしまうので、

注意しましょう。

4)洗濯後、すぐに干す。

ハンガーにぶら下げるように並べて干しましょう。

洗濯バサミに吊るしてしまうと、跡が付いてしまうので、

ハンガーで干すのがベストです!

手洗い編

1)バケツにぬるま湯を入れて、おしゃれ着用洗剤20mlを入れる

2)ネクタイを約10分つけ置きする

3)汚れが落ちるように、手で優しく撫でるように洗う

4)洗剤が落ちるまですすぐ

5)バスタオルで水分を取る

6)ハンガーで干す

ネクタイにアイロンをかけるときに気を付けるポイント

ネクタイをハンガーで干した後、

必ずアイロンをかけなくてはなりません。

ネクタイにシワがどうしても残ってしまうので、

アイロンしない状態だと、

いざ着けた時にカッコ悪く見えてしまいます。

普通にアイロンすれば大丈夫でしょ!

と思っていては間違いです!

実は、アイロンをかけるポイントがあります!

当て布を必ず敷く!

ネクタイをアイロン台に乗せた時に、

ネクタイの上に布を置くようにしましょう。

スチームの水滴がネクタイに付かないようにするためですよ。

アイロンのスチームを直接当てない!

130℃~150℃の温度に設定します。

ネクタイに直接アイロンを当ててしまうと、

潰れた状態になってしまうので、

仕上がりが良くありません。

また、ネクタイそのものを傷めてしまうので、

必ず浮かせた状態でスチームをあてるようにしましょう。

ネクタイのシワ確認→アイロンをあてるを繰り返す

ネクタイのシワがきちんと取れているか確認しながら、

繰り返しアイロンをかけましょう。

ハンガーに吊るして熱を冷ます。

熱が冷めるまで畳んだりしないようにしましょう。

シワがまた出来てしまいますからね。

まとめ

ネクタイ1本でも細かいお手入れが必要です!

目には見えない汚れがあるので、

定期的な洗濯をすることが大事です!

スーツはネクタイあってのスーツなので、

ネクタイは大丈夫!と思わずに、

キレイな状態を保てるように、気にかけてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。