清潔に保とう!布ナプキンの洗濯機に入れる洗剤は?

スポンサードリンク

最近女性誌やネットでもよく目にする「布ナプキン」

もう実際に使っている方もいらっしゃるでしょうか?

「生理痛がなくなった」「かぶれなくなった」「冷えが改善された」などなど

生理中の女性なら悩んだことのある悩みを解決してくれると

今話題になっていますね!

生理は定期的に来るものだし、ホルモンバランスも生理を境にして変化します。

個人差はありますが、ホルモンバランスによってPMS(生理前症候群)が起こり、

頭痛、吐き気がしたり、イライラや気分の落ち込みなど、

ただでさえつらい方もいると思います。

だからこそ、生理の時は自然由来の身体に優しいものを使いたいですよね。

今回は巷の女性達に人気上昇中、「布ナプキン」について、

調べてきました☆

布ナプキンの基本の洗い方

布ナプキンはその名の通り、布を使って作られたナプキンです。

使っている布はメーカーでも異なりますが、多くはコットン素材を使っていて、

肌触りのよいもの、吸水力が高い布、防水効果のある布などの、

それぞれ特性のある布を何枚か重ねて縫ってあります。

布ナプキンのいいところといえば、

・生理痛が軽減した

・あの独特なニオイがしなくなった

・冷えが改善された

・ムレが気にならなくなった

などなど、女性にとっては身体にいいことや、うれしいことばかり!

一方みなさんに馴染みのある「紙ナプキン」は、

化学的に合成された不織布フィルム

経血の吸収には、紙おむつや熱さまシートに使われている吸水力の高いポリマー

防水のためのビニール素材が使われています。

化学素材が使われているため、

不織布やビニール素材はムレを引き起こし、かぶれの原因になったり、

経血がムレることで、あの独特なニオイを発生させているのだそうです。

中に入っている吸収ポリマーは、下半身の冷えを誘発するといわれています。

布ナプキンと紙ナプキンの違いはひとつ。

紙ナプキンは使用したら、そのままゴミ箱へ捨てますが、

布ナプキンは使用したら、その都度洗います

使用したら洗わなければならないので面倒に感じますが、

きちんと洗えば何年も繰り返し使用できるので、とってもエコですね。

布ナプキンの基本の洗い方は

①下洗い・・・

ぬるめのお湯で、軽く下洗いします。お湯に経血が出てこなくなるまで洗います。

②浸け置き・・・

バケツに水1Lにつき、洗濯用洗剤を10cc程(小さじ2)入れて溶かし、

その中に布ナプキンを浸して、3時間~半日浸け置きします。

③乾かす・・・

浸け置きした布ナプキンを取り出し、水ですすいで洗剤をよく落とします。

しっかり絞って乾かします。天日干しできると、殺菌できて衛生的です。

注意点としては、吸収力が落ちてしまうので柔軟剤は使わないで洗ってください。

布ナプキンは基本的にこの3ステップで洗います^^

布ナプキンを洗濯機に入れる場合の洗剤は?

布ナプキンを洗濯機に入れて洗う場合の洗剤についてですが、

特に指定はなく、普通のアルカリウォッシュ洗濯洗剤を入れて

洗ってOKです!

布ナプキンはいろいろな専門店で作られているので、

その専門店独自の、布ナプキン専用洗剤なども売っているところもあります。

専用の洗剤の方が、汚れが落ちやすい、布ナプキンの劣化を防ぐ、

などの効果があるものもあります。

布ナプキンを購入する際は、専用の洗剤があれば

一緒に購入してもいいかもしれませんね^^

ただ、上記で触れましたが、

吸収力が落ちてしまうため、柔軟剤は使わないでください。

他の洗濯物と一緒に洗濯するとなると、やはり柔軟剤を使いたいと思うので、

布ナプキンは別で洗う方が、長く使うためにも、衛生的にもいいのではないでしょうか?

それと、ニオイやカビの原因になってしまうので、

洗ったあとはよーく乾かしてくださいね☆

まとめ

いかがだったでしょうか?

布ナプキンは使ったら洗う、という「ひと手間」はありますが、

女性の身体にとっていいことがたくさんありました☆

身体に優しくて、いろんな悩みを解決してくれる布ナプキン。

そのひと手間が、「身体を大切にするためのひと手間」なら、

思い切って布ナプキンを試してみるのもアリですね☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。