ぬいぐるみの洗濯!コインランドリーでも上手にできるの?

スポンサードリンク

子供のいるおウチには、

ぬいぐるみがたくさんありますよね。

ディズニーだったり、ジブリのキャラクターだったり!

たぶん数えたらキリがないくらいの

ぬいぐるみがあると思います。

そのぬいぐるみたちも、ずっと放置していると、

ホコリや汚れが付いてしまうので、

ずっとキレイな状態ではありません。

そうなると、子供のためにも、

キレイにしたいと思うのがママさんです!

ぬいぐるみにも

洗濯出来るものと出来ないものがありますので、

注意点に気を付けながら洗濯方法をご紹介します!

要注意!こんなぬいぐるみは洗濯できない!

数多くあるぬいぐるみですが、

洗えるものと洗えないものに分類されます。

洗えないぬいぐるみは、

ぬいぐるみについている、取り扱い絵表示に

「洗えないマーク」が表示されています。

↓↓↓絵表示はこちら↓↓↓

http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/guide/wash_01.html

絵表示以外にも、

ぬいぐるみの特徴で洗濯できないものもあります。

・大きすぎて洗濯機に入らない!

・型崩れしやすいポリエステルやビーズが中に入っている!

・水に使えない革を使っている!

・部分的に濡らして確認したら色落ちする!

・明らかに取れそうな小物が付いている!

・デリケートなアンティーク製!

・機械が中に入っている!

*取り除けるのであれば、取りましょう!

・紙が使われている!

・ウール(毛)が使われている!

・水に溶ける接着剤が使われている!

なにげに洗えないぬいぐるみがたくさんあるんです!

また、これらは、自分自身で確認しなくてはならないことですので、

ぬいぐるみを大事にしたいという気持ちがあるママさん!

何か一つでも不安要素があるものは、

洗濯した後にとんでもないことになるので、

洗濯は止めて、クリーニングに出すようにしましょう!

コインランドリーでぬいぐるみを洗濯する方法

ぬいぐるみを洗えるかどうかを確認したら、次は洗濯です!

今回は、家で洗濯するのではなく、

コインランドリーで洗濯する場合の洗濯方法をご紹介します。

大きめのぬいぐるみは、

洗濯機で洗濯すると変形してしまうことがあるので、

コインランドリーで洗濯した方が安全です!

①小物類を外す

ぬいぐるみについている装飾品を外してください。

洗濯機が壊れる原因にもなります。

②ぬいぐるみを洗濯ネットに入れる

何個もある場合は、

一つずつ入れると型崩れしなくなります

③洗濯槽の中にぬいぐるみを入れる

コインランドリーの洗濯機は大きいものが多いので、

小さいぬいぐるみでしたら、

何個も一緒に洗って大丈夫です。

洗濯物と一緒でも良いですよ。

④洗剤を入れる

おしゃれ着用で使われる中性洗剤を入れると

ふんわり仕上がります。

⑤手洗いコースorドライコースで約3分程洗濯する

もしなければ、普通コースで洗濯してください。

ぬいぐるみの型崩れを防ぐためには、

優しく洗ってくれるコースをオススメします!

⑥ぬいぐるみをタオルで包む

水切れを早くするのと、型崩れ防止です!

⑦約10秒脱水する

長くやりすぎると、

ぬいぐるみが型崩れしてしまうだけでなく、

ぬいぐるみが壊れてしまいますので、注意してください。

▼洗濯後の干し方は・・・

型崩れしないために、

椅子にぬいぐるみを座らせて陰干ししてください。

また毛並みをキレイに整えるために、

ブラシを使って整えても良いでしょう!

人間と同じですね!

まとめ

ぬいぐるみは型崩れしないようにすることが大事です!

まずは洗濯出来るかどうかを

必ず確認するようにしてください!

中には、大事にしてきた大切なぬいぐるみもありますからね!

とにかくぬいぐるみを大事に扱いながら、

キレイに洗濯しましょう!

そうしたらきっとぬいぐるみも嬉しいはずですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。