困った!ツバメの巣を発見!フン対策ってどうするの?

スポンサードリンク

寒い時期が続いていますが、

寒さ対策を万全にして過ごしていますか?

私は足が冷え性なもので、

あったか靴下を履いてしのいでいる今日この頃です!

そんな中最近散歩することが多いのですが、

ツバメの巣を見かけたことがあります。

学生のとき、学校にもツバメが飛んできて

巣を作っているのを見たことはありました。

その周辺はフンだらけで

先生が掃除する時に困っているのを思い出しました。

特にいつも生活の拠点となっている家にツバメの巣があると、

フンだらけで自分たちの生活が大変になります。

ツバメは可愛いので巣を壊すわけにはいかないので、

なんとかフンだけでも

どうにかよける方法があればいいのになと思うでしょう。

なので、ツバメのフン対策として何があるのか、

フンが知らぬ間に落ちていた時の掃除方法をご紹介します!

身近なもので作ろう!ツバメのフンよけの作り方3つ

ツバメが巣を作ってしまったら、

まずフンだらけになることを想定しますよね。

家の周りがフン!フン!フン!

フンばかりあると家に帰るのも憂鬱になってしまいます。

ツバメは可愛いのですが!

ではフンをよけるために何か対策はあるのか?

と考えたときに、家の中にあるものを使って、

自分で作ることが出来るのです。

自分で作るのは難しい感じはありますが、

全く問題ありません!

私がオススメする、手作りフンよけグッズはこちらです。

①ダンボール箱でキャッチ!

1)ツバメの巣より少し大きめのダンボール箱を用意します。

2)フンが浸透しないようにと掃除が楽になるように、

ダンボールの箱の中に新聞紙をひきます。

3)ツバメの巣から約15cm程下に設置して、

ダンボール箱をガムテープや養生テープの粘着で貼り付けます。

②カサを逆さにしてキャッチ!

1)使わなくなったカサを用意します(穴が開いていないもので!)

2)カサを逆さにして、ツバメの巣から15cm程下に設置する

3)上の柱などに紐をくくりつけて、カサを固定する

③洗濯ネットでキャッチ!

1)突っ張り棒を2本と4つ紐が付いている洗濯ネットを用意します

2)突っ張り棒1本に対して2ヶ所紐を結びます。

3)壁と壁の間に突っ張り棒を挟んで、

ツバメの巣の約15cm下に設置します。

↓↓↓このような感じになります↓↓↓

https://i0.wp.com/imaihiroko.com/wp-content/uploads/2016/04/13000248_980157658728643_7445210807561639152_n-2.jpg?ssl=1

家の中にあるもので、とにかく素早く作ることができます。

家の中に無くても100円ショップなど安く購入できるので、便利ですよ。

ツバメのフンの掃除の仕方

あら!ツバメのフンがいつの間にかあった…

とショックで落ち込んでいると思います。

そのままにしていては、

見た目も臭いも気分も良くないですよね。

ツバメはなんと言っても可愛いので罪はないのですが!

フンが落ちているのを見つけたら、

とにかく掃除をしなくてはなりません!

1)バケツに水を汲みます。

2)デッキブラシを濡らしてゴシゴシ!

たわしでも良いのですが、

手を汚したくない人はデッキブラシがオススメ!

3)ひたすらこすって最後に水を流せば、キレイになります!

ツバメのフンが水で流せるというのに驚きです。

こんなに簡単に掃除ができるんだ!

と感心すると思いますが、これを毎回やるのは嫌ですよね。

ちなみに、何ヶ月も放置して

カッピカピになったツバメのフンが水で取れなかったときは、

鳥のフン用の洗剤があるので、

これを使って掃除をしたら、完璧です!

↓↓↓鳥のフン用洗剤はこちら↓↓↓

https://www.monotaro.com/g/01026403/?t.q=%92%B9%20%82%CC%20%83t%83%93%20%90%F4%8D%DC

まとめ

どうでしたか?

ツバメのフンはいつ、どこに出来るかわかりません!

だからこそ、すぐに対策が出来るように

覚えておくことが重要です!

また家にあるもので出来ることが、

実に嬉しいことですよね!

しかしツバメは、なんにも悪くないので、

害を与えない程度に対策や掃除をしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。