ステロイドって安全?子供の虫刺されの薬リンデロンの安全性

スポンサードリンク

子どもが活発に外で遊ぶ夏は、

蚊に刺されることが多いと思います。

蚊に刺されから悪化して病気にならないかと、

子どもの身体を心配し、

病院に連れて行くママさんもいることでしょう。

その時に処方されたステロイドの塗り薬ですが、

いくら病院でも副作用があるのではないかと、

不安になることもありますよね。

子どもには強すぎる薬もたくさんありますから。

ステロイドの中でも、

虫刺され用のリンデロンの塗り薬には、

実は種類がたくさんあるのです。

なので、ちゃんと

その子どもの刺され具合に合っている薬を処方されているのか

心配になるのは仕方ありません。

その心配を解消するために、

今回はリンデロンがどのような薬なのか、

副作用も含めて詳しくご紹介します!

リンデロンの種類4つとその違い

先程も言いましたが、

リンデロンには種類があり、

4つの分類に分けられます。

「リンデロン○○」

「○○」部分は、アルファベットが入ります。

また、タイプとして

軟膏、

クリーム、

ローション

の3つがあります。

種類によって効果が異なるので、

同じだと思っていたママさんは、

子どものために知っておくのもいいですね。

①リンデロンDP…

作用ランク「非常に強い」

湿疹、皮膚炎の症状に使われ、

手足など皮膚が厚い部分に最適な効果が得られる。

非常に強い薬なので、

顔や皮膚が薄い部分にはあまり使われない。

②リンデロンV…

作用ランク「強い」

湿疹、皮膚炎の症状に使われる。

リンデロンDPより強さは弱いため、

顔や皮膚が薄い部分に効果が出る薬。

③リンデロンVG…

作用ランク「強い」

薬の匂いもほとんどなく、使いやすい。

感染の可能性や湿疹、皮膚炎の症状に使われる。

化膿止めとしても効果的な薬。

④リンデロンA…

作用ランク「弱い」

弱いので、気になる顔周りに使われる。

目や鼻、耳に感染の可能性や炎症に効果的な薬。

点眼用液タイプのものもある。

リンデロンの副作用ってどんなの?

ママさんが一番心配なのは、

リンデロンを使ったことで、

副作用が起きないかどうかですよね。

実は、リンデロンを使っている期間、

量によって副作用が起こる頻度が異なります。

主に副作用としてあげると

・高血糖

・高血圧

・肥満になる

・感染症

・骨粗しょう症

・コレステロール上昇

・胃腸の症状

・白内障,緑内障

・筋肉の症状:筋力低下

・精神の症状

・骨壊死

こんなにあるんだ…

と不安でいっぱいになるママさんが多いと思いますが、

副作用はごくまれに起こることです!

傷は直ぐに治る即効性もあり、

安全でもあります。

特に子どもが蚊に刺された時に使う、

リンデロンの軟膏タイプは、

局所部分だけ効果を発揮してくれるので、

副作用はほとんど出ないと言われています。

大量に使ってしまった場合や

長期期間治らず、ずっと使い続けている場合は、

副作用につながる原因になりますので、注意が必要です。

病院でお医者さんから説明のあった

量や期間をしっかり守ることが大切ですので、

それでも治らない場合は、

自己判断で使い続けるのではなく、

また病院で見てもらうようにしましょう。

まとめ

子どもの健康が一番だと思うママさんが全員だと思います!

その分、お医者さんが言っていた通りに、

リンデロンを使うことが、

副作用を起こさず、早く治す方法の一つですよ!

長引かないためにも、

今回のリンデロンについて詳しく知って、

不安なく、使うようにしましょうね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。