知らないとヤバいかも!畳の掃除に水拭きって駄目なの?

スポンサードリンク

和室って落ち着くスペースでもありますよね。

ゴロゴロしていると、

ふと、うたた寝していることがあるくらい、

心を癒してくれる場所でもあります。

それは「畳」があるからかもしれません。

その畳ですが、ダニが繁殖したり、

汚れやカビが目立ってきたりするので、

掃除が必要になります。

畳の掃除はこまめにすることがないと思って、

全くしたことがない人は、

何から始めたらいいかわかりませんよね。

フローリングと一緒で

水拭きをすれば良いのかなと思う人もいるでしょう。

しかし!畳を水拭きをするときに、

注意しなければいけないことがあるのです!

どのような注意点があるのか、

カビを生やさない方法はあるのか、をご紹介しますので、

ぜひ参考にしてみてください!

畳を水拭きするときに注意すること

畳は、湿気を吸収したり、放出したりと

調節してくれる機能があります。

新品の畳ほど、機能を発揮してくれます。

しかし、ホコリも一緒に吸収してしまうため、

汚れがすぐに付いてしまったり、

カビが生えてしまうことが難点でもあるのです。

せっかく買ったのに、

買い換えるのももったいないですよね。

そうなる前に掃除するとなると、

水拭きをしてキレイにする方法が頭に浮かぶと思います。

雑巾を軽く絞った状態で畳を拭いてしまうと、

水分が畳に浸透してしまい、

カビが繁殖してしまいます。

カビが繁殖しなくても、変色してしまうなど、

畳を交換せざる負えなくなります。

そうならないためにも、

水拭きするときに注意しなければならないことがあります。

正しい水拭き方法はこちらです!

1)窓を開ける

まずは換気をしなくてはなりません。

冬場は寒いですが、

湿気を減らすためにも大事なことですよ。

2)清潔な雑巾とバケツ、お湯を準備する

購入したばかりの雑巾を用意します。

100均にも売っていますので、

汚れのない雑巾を準備しましょう。

バケツにお湯を入れます。

お湯には水よりも洗浄効果があるだけではなく、

畳の汚れを落ちやすくしてくれます。

3)雑巾を固く絞って、軽く拭く。

強くこするのではなく、

畳の網目に沿って軽くこすります

ゴシゴシこすれば効果があると思いますが、

畳に傷が付いてしまうことで、ホコリが付きやすくなります。

軽く拭くだけでも効果抜群ですよ。

畳にカビが生えないようにする方法って?

畳を買い換える一番の理由は

「カビが繁殖したことによる汚れ」だそうです。

カビは部屋中の天敵なので、

繁殖したら掃除するのも大変です。

なので、カビが生えないためにも、

事前に対策として掃除をしておけば大丈夫です。

その掃除方法はこちらです!

1)バケツとお酢を準備する

バケツに水を半分位入れます。

そのあとに、調理で使うお酢を大さじ2杯入れて、酢水を作ります。

2)雑巾を投入

酢水の中に雑巾を入れて、ジャバジャバ浸透させます。

3)雑巾を固く絞る

酢水が雑巾に浸透したら、雑巾を固く絞ります。

固く、強く絞ることが大事です。

水分がありすぎると、

先程も言いましたが、カビ!が繁殖してしまいますからね。

4)軽く拭く

水拭きは畳に水分を畳に浸透させないことが大事です。

先程同様、とにかく固く絞ってください。

カビを繁殖させないためですよ。

5)乾拭きで仕上げ

汚れていない雑巾で最後は乾拭きします。

水分を取るような形ですが、

これも軽くこする程度で拭くようにしましょう。

実は、お酢には、殺菌効果があるので、

菌を繁殖させないようにしてくれますので、

安心して活用出来るのでオススメです!

まとめ

畳の掃除方法で水拭きをしてはいけないことはありません。

注意することがあるだけで、

畳をキレイにするには、むしろ水拭きが最適なことです!

長く使うためにも、

気をつけなければいけないことを把握して、

キレイな和室を保ってくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。