シャツの黄ばみを洗濯で真っ白に!重曹とお酢の使い方教えます!

スポンサードリンク

冬になりました!

着るものが増えて、毎日洗濯も大変だとは思いますが、

旦那さんが毎日着ているスーツは、

クリーニングに出してキレイな状態を保っていますよね。

では、スーツの中に着ているシャツはどうでしょうか。

クリーニングに一緒に出している人もいますが、

毎回出してはお金がかかって大変です。

となると、家で洗濯しています!

という人が多いですよね。

では、シャツの襟や袖の黄ばみは、

どのように洗濯していますか?

ただ洗濯していては、汚れが残ることがあります。

キレイにスルッと取れるようにするには、

実は「重曹とお酢」が重要な鍵を握るのです!

ニオイは大丈夫なのか?と不安だらけでしょう。

大丈夫です!

絶対に知って損はないです!

更に洗濯槽の掃除をするときにも使えるので、

「重曹とお酢」の技を、ぜひご覧ください!

シャツの襟ぐりや袖の黄ばみを重曹とお酢で落とす方法

たくさん着たシャツの皮脂汚れは、

落ちにくいイメージがあると思います。

特に襟部分は、汗をかきやすい首に密着している部分なので、

見たくもありませんよね。

黄ばみが更に悪化すると、

黒ずみになってしまいます。

黒ずみになってしまっては、もう手遅れ!

そうならないためにも早めに行動することが大事です!

実は、頑固な黄ばみには「重曹とお酢」が最適なのです。

重曹は何がメリットになるのかわからない…

お酢は酸っぱい匂いが気になりそう…

など、マイナス面が浮かんでしまい、

手っ取り早く「襟や袖用洗剤」を使うことが多いはずです。

重曹とお酢にはたくさんのメリットがあるんですよ。

重曹のメリット

①汚れから出てくる変な臭いを消してくれる

②黄ばみの原因である皮脂汚れを分解してくれる

③汚れをこすることで、キレイにしてくれる

お酢のメリット

洋服をフワフワにしてくれる効果がある(私自身一番ビックリしました!)

②菌を繁殖させないようにする抗菌効果がある

これだけのメリットがあれば、

黄ばみを落としてくれるだけでなく、

新品な状態にしてくれそうですよね。

では、洗濯方法の手順をご紹介します。

1)重曹に水を混ぜて、ペースト状になるくらいに混ぜる。

2)重曹+水を、黄ばみ部分に塗る。

*手で塗るのが好ましいが、

汚れるのが嫌な場合は、

古い歯ブラシでこすらない程度に塗っても大丈夫です。

3)10分~15分位放置する

4)お酢1:水3の割合で混ぜたものを黄ばみ部分にスプレーする。

*お酢は穀物酢が一番最適です!

5)普段通りに洗濯する

重曹とお酢を混ぜたことで、泡が出てきます。

泡が発生することで、

奥深くに浸透している汚れも根こそぎ、取ってくれます!

洗濯槽のそうじにも重曹とお酢が使える!

重曹とお酢の効果は、

シャツの頑固な黄ばみを落としてくれるだけではありません!

実は、毎日使っている「洗濯槽」もキレイにしてくれるのです。

毎日使っている分、洗濯槽から出てくる変な臭い。

実は雑菌が繁殖しているんです。

それを除去してくれるのが、重曹とお酢です!

1)洗濯槽いっぱいにぬるま湯を入れます。

2)重曹1カップ:お酢400mlを入れます。

*入れる量が多いなと感じますが、

この量が汚れを落としてくれる最適な量なのでご安心を!

3)洗濯機を10分程回します。

4)水を抜くことなく、そのまま1日放置します。

5)1日放置した水を見ると、汚れが浮いていますので、その汚れを取りましょう。

6)通常コースで洗濯を回します。

臭いも汚れもスッキリ取ってくれるので、

洗濯槽掃除も楽々、安心でできますよ!

まとめ

重曹とお酢について詳しく知れましたか?

洗濯洗剤があれば安心!と思っている方が多いと思いますが、

この機会に重曹とお酢を使って、汚れを落としたり、

掃除にチャレンジしてみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。