洗えるか教えます!ブラインドやカーテンの洗濯どうしたらいいの?

スポンサードリンク

朝は、太陽の光を浴びながら起きます!

というのが理想的な私です。

やっぱり家には欠かせないカーテンによって、

光が家に入り込んでくる感じが違いますよね。

その欠かせないカーテンですが、

ホコリやカビなど、汚れが付いている状態だと、

せっかく日当たりが良い部屋も、

光を遮っているかもしれません。

カーテンのお手入れが大切になります。

では、どのように洗濯したり、

キレイにお手入れをすればいいのでしょうか

カーテンの種類によって異なるので、

お手入れ方法をご紹介します!

洗えるものと洗えないものの見極め方は

カーテンにも洗えるカーテンと

洗えないカーテンがあります。

それを見極めるには

「洗濯表示」を確認してみるとわかるのです。

洋服の裏に付いているのと同じように、

カーテンにも付いています。

↓↓↓洗濯表示について↓↓↓

http://www.nitori.co.jp/customersupport/faq/62/

洗濯できる表示…

四角い洗濯機の絵、水が入っているオケの絵

手洗いできる表示…

水が入っているオケの絵、オケの上に「手洗い」と書いてある絵

洗濯も手洗いもできない表示…

水が入っているオケにバツと書いてある絵

(家での水洗いが出来ないので、クリーニングへ出しましょう。)

洗濯表示を見て、洗濯できる・できないが一発でわかります。

カーテンの繊維によってすぐに傷んでしまったり、

縮んでしまうこともあるので、

しっかり確認しましょう!

ブラインド、ロールスクリーン、カーテン種類別お手入れ方法

では、ブラインド・ロールカーテン・カーテンの種類別に

お手入れ方法をご紹介します!

ブラインド

ブラインドとは…とよく知らない方の為にこちらです。

↓↓↓ブラインドの画像↓↓↓

https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/CurtainRailBlind/Blind/7410561s?ptr=item

ホコリが溜まりやすいのもあるので、

ホコリをキレイに取り除ける道具として有効なのはこちらです。

(縦型・横型、アルミ製・木製全てに対応可能です!)

・小型ほうき

・羽はたき

・ハンドモップ

・新品の布で乾拭き

こまめにホコリを取るだけでも、

光を遮ることなく、家を明るくしてくれます。

また、油分が多い場所のカーテンは、

柔らかい布で拭き取ると良いでしょう。

どれも安い値段で買うことができるので、

お手軽に掃除ができますよ。

ロールスクリーン

↓↓↓ロールスクリーンの画像↓↓↓

https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/7430511s?ptr=item

ロールスクリーンを洗濯できないと思いがちな方もいますが、

実は洗えるものもあります。

洗濯できる場合…

①折り畳まず、丸めて入れる

②そのまま洗濯する

(漂白剤は使わないように注意してください。色落ちの原因になります。)

③シワにならないよう、すぐに取り出して自然乾燥する

洗濯できない場合…

水で濡らすと、シミやシワの原因にもなります。

絶対に濡らさないようにして、

ハンディモップでこまめにホコリを取りましょう。

布カーテン

布カーテンは多く使っている方も多いでしょう。

布はカビが繁殖しやすく、臭いも吸収してしまうので、

洗濯していないと、いつの間にか汚れが溜まっていき、

臭いが発生してしまいます。

湿気が多い場所では特に雑菌が繁殖してしまうのです。

洗濯できる場合…

①大きめの洗濯ネットに入れる

②エマールなどおしゃれ着用洗剤を使う

③そのまま普通コースで洗濯する

④洗濯後すぐに自然乾燥させる

洗濯できないカーテンの場合…

「ファブリーズ」「リセッシュ」のような、

除菌効果のあるスプレーを使いましょう。

軽く振りかけるだけでも、効果はあります。

また、消臭効果のある「重曹スプレー」を使うのも手です!

重曹は洗濯でも使われるため肌にも環境にも優しいものです。

オススメできますよ!

また、日頃から、はたきでホコリを取ることも大切です。

見えないホコリが付いているので、

こまめにお手入れをしましょう。

まとめ

カーテンにも種類がたくさんあり、

洗濯方法も様々です。

洗濯表示をよく見て、

どのようなお手入れをすれば良いのか、理解しておけば、

カーテンの良さを持続できますよ。

どうしてもわからない場合は、

クリーニング店に聞きに言ってもいいですね!

朝の光を浴びて、気持ちよく起きましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。