真っ白にしよう!レースカーテンの洗濯と漂白の仕方は?

スポンサードリンク

毎日寒い朝を迎えている今日この頃ですが、

なかなか布団から出られないですよね。

やっと布団から出て、

カーテンをシャーっと開けて、

眩しい!と思いながら朝を迎える毎日が

幸せだと感じてしまいます。

ふと、朝にカーテンを開けたときに、

レースカーテンが目に入り、

ちょっと汚れがあるなと感じたことがあるでしょう。

ちょっと眩しさが減った感じと言いますか。

レースカーテンは、部屋の明るさを変えるほど、

部屋の重要な役割を果たしてくれます。

スッキリ、開放感ある気持ちにさせてくれるので、

汚れがあると憂鬱な気分になりますよね。

なので今回は、

レースカーテンの汚れやカビを見つけたときに、

どうキレイにすれば良いのか、洗い方を細かくご紹介します!

レースカーテンを漂白するときの手順5ステップ

いざレースカーテンをキレイにしよう!と思っても、

どう行動したらいいのかわかりませんよね。

何からやればいいのか…

自分なりに考えてやるとなっても、

やっぱり悩んで時間が経ってしまうと思います。

レースカーテンをキレイにするには、

洗濯するときに使う「漂白すること」で、

カビや汚れをスルッと落としてくれます。

漂白するとカーテンの質が落ちてしまって、

破けたりするのではないかと心配になる人もいるでしょう。

心配をなくすために、

漂白するときの手順を紹介します!

①レースカーテンを交互に折りたたむ

まずはカーテンを外しましょう。

外さなければ何も始まりませんからね。

外したときに、必ず

交互に折りたたんだ状態にしておくようにします。

ジャバラ折と言いますが、

一番汚れている裾部分が見える状態になるので、

汚れを落としやすくしてくれます。

また、フックも汚れている場合も、

一緒にフックも取っておいてください!

②つけおき液を作る

バケツを用意して、ぬるま湯を入れましょう。

ぬるま湯に粉末の酸素系漂白剤を入れ混ぜてください。

粉末の方が発泡して、

液体漂白剤より汚れを落としやすくしてくれます。

③つけおき液にレースカーテンを入れて待つ

先ほど用意していたレースカーテンをつけおき液に入れます。

フックの汚れを落としたい方は、

洗濯ネットにフックを入れて、

一緒につけおきしておくと良いですよ。

約2~3時間程待ちましょう。

④洗濯機or手洗いで洗う

洗剤は、デリケート用中性洗剤を使うと良いでしょう。

洗濯の絵表示を見て、洗濯しても良いのであれば、

洗濯ネットにカーテンを入れて、

普通コースで洗濯してください。

しわが気になる方は、脱水短めで!

洗濯がダメなカーテンは、

丁寧に手洗いでおこなうようにしましょう。

フックは風に当たるように、

陰干しで乾かします。

⑤レースカーテンを干す

洗濯が終わったらすぐに取り出しましょう。

そのまま放置してしまうと、シワになってしまいますからね。

洗濯の間にフックが乾いていると思うので、

フックを付けてカーテンレールで乾かしましょう。

漂白剤で落ちない場合のカビの落とし方

漂白剤を使っても全く落ちない頑固なカビがあります。

漂白剤でも落ちないと、

レースカーテンを捨てて新しいのを買ったほうが楽だ!

と思いがちですが、まだ方法があるのです。

カビキラーで落とす!

①バケツにぬるいお湯を入れる

②カーテンをバケツにいれ、浸す

③黒カビ部分にカビキラーをふりかけ、30分程放置する

④カビキラーをふりかけた部分をいらなくなった歯ブラシで、軽くこする

⑤バケツに新しいぬるま湯を入れて、カーテンをジャブジャブ洗う

⑥洗濯機で通常通り洗う

(柔軟剤入り洗剤を使うとカビキラーの嫌な臭いがなくなりますよ!)

⑦洗濯終了後、すぐにカーテンレールに干す

漂白剤がダメなら、カビキラーを使う!

という方が多く、効果は抜群のようです!

しかし、カビキラーは、お風呂掃除用洗剤なので、

レースカーテンの生地を少し痛めてしまうことがあります。

高級なレースカーテンやお気に入りのものは、

注意しながら洗うといいでしょう。

まとめ

レースカーテンの汚れ一つで、

部屋の中が一気に変わります!

漂白剤で部屋が変わるものなら、

ぜひやってみるべきです!

洗濯するのはめんどくさいという方でも、

今回の洗い方は簡単なので、

参考にして、ぜひ一回試してみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。