不潔なレースカーテンの黒カビを洗濯する方法伝授します!

スポンサードリンク

レースカーテンをふと見てみると、

黒カビがいつの間にか付いていることがあります。

せっかくのお気に入りなのに、すぐに黒カビが!

ちょっとショックですよね。

レースカーテンは外から部屋を見えなくするだけでなく、

部屋の雰囲気も変えてくれる重要な役割があります。

自分の好きな色やデザインをどうするか

すごく悩んで買うのに、一瞬にして黒カビで台無し!

黒カビを発見したら、

レースカーテンを洗濯しましょう。

洗濯方法を知らない方のためにも今からご紹介しますので、

ぜひ参考にしてみてください!

レースカーテンに繁殖する黒カビの原因とは

黒カビ発見!

ショックを受けるとは思いますが、

まずはなぜ黒カビが出てくるのか、

疑問に思いますよね。

冬に特に多いのですが、

朝起きたら窓に水滴が多く付いているのを

見たことがあると思います。

その水滴は、

中と外の温度差があることでできる水滴なのですが、

その水滴がレースカーテンに付いて濡れてしまうことで、

カビが繁殖してしまうのです。

湿気が多い場所にカビが繁殖するのと同じで、

湿気が多い分、カビが繁殖しやすくなり、

水滴で一度濡れてしまうと、

カビが繁殖しやすい環境が作られてしまい、

いつの間にか広がっているわけなのです。

また、空気中には

目には見えない粒子がたくさん漂っているのですが、

カビがその粒子も繁殖する要素にしてしまうので、

すぐにカビが増えてしまいます。

カビがを放置した状態だと、

健康にも良くないので、

早めに取り除く必要があるのです。

子どもがいる家庭では、

子どもがレースカーテンを触ることもあると思うので、

注意が必要ですね。

レースカーテンの洗濯方法と干し方

黒カビが繁殖する原因がわかったところで、

早速オススメの洗濯方法3つご紹介します!

カビキラーで落とす!

カビキラーってお風呂場のカビを落とすものだ

と思っている方が多いと思いますが、

実は幅広く使えるのです。

手順はこちら!

①レースカーテンを外してキレイに折りたたむ

②お風呂場に行き、換気扇を回す

③ゴム手袋を付ける

④黒カビ部分にカビキラーをふりかけて15分程待つ

⑤ぬるま湯で揉み洗いする

⑥洗濯機2回すすぐ

⑦洗濯後、乾かす

漂白剤で落とす!

①レースカーテンを外してキレイに折りたたむ

②ゴム手袋を付けてバケツに、ぬるま湯に漂白剤を入れる

③レースカーテンを染み込ませ、乾いたタオルを当てる

④15分程待つ

⑤ブラシで優しくこする

⑥ぬるま湯で漂白剤を洗い流して、洗濯機で2回すすぐ

⑦洗濯後、すぐに干す

カビをタオルに移して落とす方法を行いますが、

ブラシを使う際は、ゴシゴシこすらず、

優しくこすることが大切です。

重曹で落とす!

重曹は、肌にも環境にも優しいものなので、

安心して使うことができます。

消臭効果や雑菌効果もあるので、

キレイに仕上げてくれますよ。

①レースカーテンを外してキレイに折りたたむ

②バケツにぬるま湯と洗濯洗剤2%、酸素系漂白剤1%、重曹1杯入れる

③15分程放置する

④洗濯機で2回ほどすすぐ

⑤洗濯後、すぐに干す

レースカーテンはレールで乾かす!

洗濯後は、シワを伸ばして、

カーテンレールに戻してすぐに干します

乾いた後もすぐに使うことが出来ますからね!

注意しなければならないのは、

カビの繁殖原因の水滴です。

乾かす時に、窓の水滴があるとまた、

カビが出てきてしまうので、

キレイに拭き取ったり、

ホコリがある場合は乾いたタオルでキレイにしておくようにしましょう。

まとめ

黒カビがあっては、

部屋をキレイにしても雰囲気がよくありません!

常にキレイにしておくように、

窓の掃除や部屋の空気の入れ替えをすると、

カビの繁殖もなくなるので、日頃の掃除も大事です!

お気に入りのレースカーテンを長く使えるように、

もし黒カビを見つけたらすぐに洗濯してみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。