なんだか気になる白目の血管!自分で消す方法ってあるの?

スポンサードリンク

皆さん毎日仕事頑張ってますかー?

真冬なので、毎朝布団から起きるのが大変で大変で!

という方がたくさんいると思います!

私は遅刻ギリギリラインで頑張ってます!

さて毎朝起きてまず、洗面所に行きますよね。

鏡の自分の顔を見たときに、

白目に血管が浮いて出ているなと、

ちょっとでも気になった人はたくさんいるはずです。

また、仕事から帰ったときに、

鏡で手を洗ってチラッと表情を鏡で見たら、

また白目に血管がある…と感じたこともあるでしょう。

目は人から一番見られる部位なので、

血管が見えてしまうと、すごく気になってしまいます。

なんで、血管が?

気になりだして、消したくなります。

しかし、消し方がわからない人がほとんどだと思います。

なので、今回は、

白目に血管が浮き出る原因を細かく知ってから、

消し方をご紹介します!

原因がわかれば、対処もできますからね!

白目の充血の主な原因7つ

今までなかったのに、

急に充血しているのを見たら心配になります。

特に今まで一度も気にならなかったことが起きると、

不安になり、何か重い病気ではないか…

と悩んでしまうこともあるでしょう。

まず、白目の表面は結膜がおおってあります。

普段は白く見えるのですが、

結膜の近くにある細い血管が浮き出ることを

「充血」と言います。

では、白目の充血は、

なぜ起きるのでしょうか。主な原因は7つあります。

①疲れ目

仕事で長時間パソコンを使っていたり、

テレビを夜中まで見ていると

目が疲れてしまうことで起こります。

②ドライアイ

自分でもわからない人もいますが、

涙の量や成分が減ることで、

目が乾燥しやすくなり、充血しやすくなります。

④コンタクトレンズを長時間使用している

目が乾きやすくなり、充血しやすくなります。

⑤感染

プールなど病気が感染しやすい場所に行った後に

感染していることで起こってしまいます。

⑥アレルギー

花粉症、ハウスダスト、ダニなどアレルギーによって

目が痒くなり、充血しやすくなります。

⑦老眼

手元にあるものが徐々に見えなくなってしまうのですが、

それを認めずメガネをかけないでいると、

疲れ目になってしまい、充血につながります。

⑧外部からの刺激

知らない間に目を強くこすってしまった、

紫外線を長時間浴びてしまったなど、

外部から何かしらの刺激をするだけで、

充血につながってしまいます。

自分でできる充血の治し方や対策方法

充血する原因が7つもあると、

いつなってもおかしくない状況でもあります。

今現在なっている人、

今後充血した時にすぐに治せる知識を知りたい人のために、

自分で出来る治し方や対策方法をご紹介します。

①目を定期的に休める

最近はパソコンやテレビを使うだけでなく、

携帯電話を長時間使うこともあります。

なので、定期的に目を休めることが大事です。

「30分目を使った15分休む」

これを毎日やるだけでも、充血から解放されます!

また、ホットタオルを目に当てるだけでも、

目の疲れが一気になくなりますよ。

②部屋の空気をキレイにする

ハウスダストやダニなど、

空気が悪いと目に影響が出てしまいます。

空気を入れかえるだけでも、

ホコリも外に出ていくため、

目に負担がかからなくなります。

③睡眠をしっかり取る

生活が乱れていると、

涙の量が減り乾燥したり、

健康状態も悪くなり感染しやすい身体になります。

夜ふかしをせず、睡眠を十分にとり

日頃の疲れを取りましょう。

④加湿器を置く

乾燥してドライアイになりがちな冬は特にそうですが、

加湿器を使って、部屋の湿度をあげてください。

⑤紫外線が当たらないように工夫する

紫外線は一年中知らない間に浴びています。

夏に限らず冬も紫外線があるので、

帽子をかぶったり、サングラスをかけるなど

紫外線を出来るだけ浴びない工夫をするだけで、

充血を防ぐことができます。

あまりにもひどい場合は、

充血用の目薬をさすといいでしょう。

心配な方は、病院で見てもらって

処方してもらった目薬を使ってくださいね。

まとめ

健康状態がおかしくなると不安につながります。

充血した場合でも、

普段の生活で出来ることで治せますので、

今回ご紹介したことを是非活かしてください!

また、目は大事な役割をしてくれるので、

日頃の対策も忘れずにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。