頭皮にダメージが出ない白髪染めの頻度は?40代の場合はどれくらい?

スポンサードリンク

単刀直入にお聞きします。

みなさんはどのくらいの頻度で美容室に行きますか?

20代の頃はいろんなヘアスタイルを楽しみたいし、

今一番旬なヘアカラーで心機一転、

オシャレしてするお出かけの、何と楽しいこと!

以前は1~2カ月に1回くらいの頻度で通っていたけど、

子育て世代になると、忙しい時間を削って

美容室に通う時間やお金を作るのは、至難の業。

最近なんだかんだと忙しくて、鏡をまともに見ていないなぁと思い、

久々にじっくり鏡を眺めて、髪の毛をかきあげてみたら・・・

ししし白髪?!

そんなに気にならなかったが、やはり年齢のおかげなのか

以前にも増して増えてきた白髪・・・

そして一旦見つけてしまったら、

気になって気になってどうしようもないこの「白髪」の存在感・・・!

これはどうにかしないと・・・とお考えの方!

今回は白髪染めについて、あなたにぴったりの方法をご紹介していきます☆

部分染め(リタッチ)と全体染めをうまく組み合わせよう

白髪染めは染め方としては2種類あります。

みなさまご存知の通り、「部分染め(リタッチ)」「全体染め」の2つです。

①「部分染め」

「リタッチ」とも呼ばれ、伸びてきた部分や目立ってきた部分だけを染める方法です。

髪の毛の新しく生えてきた部分のみを染めるので、

傷みやすい毛先にもダメージが少なく、お財布にも優しいです。

髪の毛が伸びる速さは、生活習慣や体質などで人それぞれですが、

1カ月に平均1㎝前後伸びるといわれています。

オシャレに気をつかっている方なら、1㎝伸びてきただけでも

気になってしまいますよね。

特に白髪は目立ちやすいので、余計気になります・・・

部分染めなら、美容室でやるとしても、価格も安く設定されていますし、

全体染めは染め終わるのに1、2時間は当たり前ですが、

部分染めなら短時間でできるので、時間の節約にもなります。

ただ、前回染めた部分も時間経過とともに色落ちしていくので、

部分染めばかりですと色ムラになったりしてしまいます。

キレイなカラーリングを保つためには数回に1回は全体染めをするのがオススメです。

②全体染め

これは言わずもがな、髪の毛全てをカラーリングする方法です。

フルカラーとも呼ばれていて、伸びてきた部分も前回染めている部分も

全て染めます。

値段もそれなりの値段になります。

もし全体染めを3週間に1回、1カ月に1回など、

短期間に美容室で全体染めをするとなると、経済的にも負担ですし、

やはり少しずつ頭皮や髪の毛にダメージは蓄積されていってしまいます。

ですが、キレイにカラーリングを保ちたいという方や、

いろんな髪色を楽しみたい方は、やはり全体染めをオススメします。

全体染めでの傷みを軽減するためには、

毎日のケアや正しい洗髪方法を行うことも大切ですね。

傷みが気になってきたかな?と感じたら、

全体染めのあとにトリートメントをプラスでしてもらうとより効果的です。

この2つの方法を組み合わせて、

髪の毛や頭皮にダメージが少ない方法を調べてみたところ・・・

全体染め→2カ月に1回

部分染め→3週間~1カ月に1回

が、白髪染めの最適な頻度だということがわかりました。

うまく組み合わせることで、髪にもお財布にも優しい白髪染めができますね☆

美容院での白髪染めと家でできる市販品の違いは?

今では白髪染めの市販品は色も種類も数多くあり、安価で手に入れることができます。

普通のヘアカラーのように白髪を染めるもの、

トリートメントをしながら白髪染めができるもの、

その場で簡単に白髪染めができるブラシタイプ、スプレータイプのものも出ています。

いろいろな商品がありますが、美容院で使用する白髪染めと、市販品の白髪染め。

薬剤に違いはあるのでしょうか?

調べてみたところ・・・

美容室で使用する薬剤と、市販品の薬剤では大きな違いはないとのこと。

どちらも、専用の薬剤で髪の毛のキューティクルを開き、

色を入れる、ということには変わりはなく、

美容室で染めても市販品で染めても、髪の毛や頭皮へのダメージはある、とのことです。

ただ、美容院は美容師さんがその人の髪質や頭皮の状態、傷み具合などを考慮して、

より染まりやすく、よりダメージの少ない薬剤をプロの技術で選んでくれるため、

美容院で染める方がキレイに染まりますし、総合的にダメージは少ないといえそうです。

全体染めは美容室で行って、リタッチは市販品、

という組み合わせをしている方も見受けられました☆

まとめ

いかがだったでしょうか?

最近増えてきて気になっている白髪。

今ではいろんなタイプの白髪染めが出てきて、

安価で気軽に白髪染めをできるようになりました。

触りたくなるような、サラサラ・つやつやのキレイな髪は、女性の憧れですよね。

全体染めと部分染め、美容室と市販品をうまく組み合わせて、

髪の毛や頭皮をいたわりケアしながら、いろんなカラーリングを楽しみましょう☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。