注目!ベビー布団に防水シーツは必要!?

スポンサードリンク

赤ちゃんが生まれると、お母さんは寝る間もないほどに

つきっきりでお世話する毎日が続きますね。

いまだ経験したことのない人にとっては、子育ての大変さ

計り知れません。

でもそうやって自分も育ててもらったと思うと、

両親や祖父母にはいつまでも頭が上がりません・・・!

今は昔に比べたら便利なアイテムがたくさんありますし、

なるほどね~!とうなってしまうような斬新なグッズや、

大変なお母さんの負担を減らすグッズはたくさんありますね。

その中でも「防水シーツ」は最初は買うか迷う方が多い!とのこと。

ですが買わないでおいてたいへんなことになった!という声も多く、

はっ水加工がしてあり、吸水性に富んでいるので、

ちょっとした汚れから、

赤ちゃんのミルクの吐き戻しやオムツからの漏れまでをカバーしてくれ、

1枚敷いておくと布団汚さないで済むのでとても重宝しますね。

今回はそんな「防水シーツ」について、いろいろと調べてきました☆

買うかどうか迷っているお母さんはぜひご覧になってみてください!

防水シーツが果たす役割

防水シーツは、先程もお伝えしたように、

はっ水加工がされていて、吸水効果もあるシーツのことです。

ラバーシーツと呼ぶものもありますが、同じものと考えていいでしょう。

この防水シーツが敷いてあれば、もし赤ちゃんのおしっこやウンチが漏れても、

はっ水加工がされているので、よっぽどの量でない限り

そのシーツより下は濡れない、という優れものです。

なので、主に布団が汚れないために敷くシーツですね。

普段はあまり使わないので、

出産準備の時などに初めて聞いた、という方もいると思います。

ベビー布団に防水シーツは必要なのかどうか

防水シーツを買うかどうか迷っている方!

防水シーツの役割がわかったところで、

必要かどうかを判断するためにいろいろと調べてきました!

いろいろな本やネットの情報を見てみますと、

よく出産準備などで聞くキルトパットはタオルで代用できるので必要ないが、

防水シーツはあった方がいいという意見が多数。

赤ちゃんが生まれて、オムツがとれるまでは期間がありますし、

オムツがとれてからでも夜は時々おねしょをしてしまう子もいると思いますので、

何かと持っていたほうがいいという意見もありましたね。

また、おねしょやオムツからの漏れだけでなく、よだれや吐き戻しも

カバーしてくれるので、1枚あると何かと重宝しますね。

ただデメリットとして、

はっ水加工がされているため水を通さないので乾きにくい

洗濯後に脱水できなかったり、乾燥機が使えないものが多い、

というところが難点です。

脱水機にかけると、はっ水加工が弱くなってしまうとのこと。

なので洗濯後は自力で絞って、風の通るところに干しておくといいですね。

もし脱水可能なものでしたら、1枚乾いたタオルを入れておくと脱水できる、

という裏技もあるそうです。

防水シーツの大きさですが、赤ちゃんは小さいからと

一番小さいサイズを選ぶ方が多いと思います。

しかし!

今はあんまり動かない赤ちゃんも、少し大きくなってくると

グルグル~ころころ~と素晴らしい寝相を発揮してくれる子もいるため(笑)、

せっかく敷いた防水シーツからはみ出たところで漏れてしまって

結局布団が濡れてしまった!という声もありました。

なので、大きくなってからも使うことなどを考えると一番いいのは、

ベッドと同じサイズの防水シーツがいいでしょう。

そして固定できるものがいいということもポイントですね!

四隅にゴムバンドがついていて、布団の端に固定できるものだと

動いてもズレないのでいいですよ。

素材としては、夏は蒸れにくくて、冬は保温性の高いものを選ぶといいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ベビー布団に防水シーツは必要かどうか、判断材料になりましたでしょうか?

やはり乳幼児や小さい子がいるなら必要だという意見が大多数でしたね。

もしまだ買っていないのでしたら、実際にお店に行って見たり触ってみたり、

店員さんにいろいろ聞いてみるといいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。