洗い物の必需品手袋!おすすめまとめ!

スポンサードリンク

毎日洗い物をしていると手荒れが気になりますね。

特に注意したいのは、

寒い冬に水の冷たさに負けてお湯で洗い物をしたときです。

すぐに指先がカサカサになってしまいませんか?

ハンドクリームを塗っても

なかなか手荒れを防ぐことは難しいです。

そこで、重宝するのがゴム手袋!

今回は洗い物時のゴム手袋の必要性について調べてみました。

洗い物における手袋の重要性

食器洗いに必要な洗剤、

油汚れなどもキレイに落とすことができる洗浄力の強いものが

多く売られています。

汚れがよく落ちるのは、

多くの洗剤に含まれている

界面活性剤という成分のおかげです。

ですが、

この界面活性剤が手荒れの原因になっています。

油汚れを落としてくれるのと一緒に

手に必要な皮脂や角質も落としてしまいます。

そこで、手を保護するために

ゴム手袋をつけて洗い物をすることをおすすめします。

ゴム手袋をつけることで、

手に洗剤(界面活性剤)が直接触れるのを防ぎます。

これは断然手荒れを軽減させます!

そして冬場の冷たい水での洗い物も

ゴム手袋をつけることによって、

あまり冷たさを感じないなどのメリットもあります。

また、マニキュアやジェルネイルなどをしている場合も、

ゴム手袋でキレイさを保つことができますね。

おすすめの手袋まとめ

最近ではいろいろな種類のゴム手袋があります。

薄手、中厚手、厚手、

ロングサイズや左右兼用など様々です。

100円ショップにも可愛い柄がついたものなど

たくさんの種類を販売していますね。

薄手の長所は素手に近い感覚で洗い物ができること。

厚手の長所は水温が冷たくても気にならない。

中厚手の長所は薄手と厚手の中間ですね。

厚手のゴム手袋に比べるとしなやかさがあり

厚手は苦手かなと感じる人には良いと思います。

ロングサイズの長所

なんといっても肘まであるので

洗い物中に水が入らないこと。

ロングサイズのゴム手袋にも、

薄手や厚手のものがあるので

個人的にはロングサイズをおすすめしたいです。

また、ゴム手袋をしても

今度はゴム手袋で手荒れをしてしまうという方もいます。

そういう方はゴム手袋の下に薄い木綿の手袋をつけると

良いですよ。

まとめ

やはり洗い物をするときのゴム手袋の必要性は高いと思います。

素手で洗い物をするのに慣れてしまって、

ゴム手袋をつけて洗い物をするのが面倒、作業しづらい

と感じる方も多いかも知れませんが、

慣れてしまえば大丈夫です。

手はいろいろな場面で意外と見られていることが多いので、

キレイな手でいたいですよね。

「どんなゴム手袋があるのかな?」

ネットで探してみる場合は

「ゴム手袋」で検索するよりも、

「キッチングローブ」で検索するほうが、

女性に嬉しいお洒落で機能的なものが見つかりますよ。

可愛くてお洒落なゴム手袋で億劫な洗い物も楽しくなります。

ぜひ、使ってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。