血液の染み抜き!覚えておきたい布団への対処法!

スポンサードリンク

気づかないうちに血液のシミが…

鼻血や生理の軽血、絆創膏が取れてしまったりと

寝ていて気づかないうちに

布団に血液のシミをつけてしまった経験ありませんか?

血液のシミはすぐに対処することが大切です。

今回は布団についてしまった血液を落とす方法をご紹介します。

【布についた血液を落とす方法】

まず布についてしまった血液を落とす方法をご紹介します。

すぐに水洗い出来るのであれば水洗いします。

時間が経っていないのであれば、

水洗いするだけで十分きれいにすることが出来ます。

しかし少しでも時間が経ってしまうと

血液中のたんぱく質が化学変化を起こし、

酸化してしまうため、

水洗いだけでは落ちなくなってしまいます。

時間が経ってしまった血液の落とし方

または染み抜きと同じ要領で行います。

血液染みを落とすときに気をつける点は

水か40℃以下のぬるま湯を使うという点です。

熱いお湯を使ってしまうと血液中のたんぱく質が固まってしまい、

より落ちにくくなってしまいますのでお気をつけください。

ある程度の血液汚れであれば

食器を洗う中性洗剤で落とすことが出来ます。

柔らかい歯ブラシなどに中性洗剤をつけ、

汚れをかき出すようにこすります。

生地が傷んでしまうので

必ずやさしくこするようにしてください。

汚れが薄くなってきたら水かぬるま湯で洗剤を軽く洗い流し、

そのあと通常通り洗濯機で洗濯します。

頑固な汚れには酸素系の漂白剤の使用がおススメです。

酸素系漂白剤を血液染みに直接なじませ、

1時間ほど放置します。

その後通常通りの洗濯をします。

これらの方法で布についてしまった血液染みを

きれいに落とすことが出来ます。

【最適な布団の染み抜き法】

次に布団についてしまった血液の落とし方をご紹介します。

シーツや掛け布団であれば

布と同じような方法で染みをきれいにすることが出来ます。

しかし敷布団に関しては同じように行うのは難しいでしょう。

そういった場合は酸素系漂白剤を布に浸し、

血液のついてしまった箇所をたたき、

染み抜きをしていきます。

叩くことで布団についた血液を布にうつしていきます。

何度か繰り返し行うことで血液が薄くなっていきます。

酸素系漂白剤の代わりの

消毒用のオキシドール

セスキ炭酸ソーダ水

(水100mlとセスキ炭酸ソーダ小さじ1を混ぜたもの)

でも代用することが出来ます。

そのあと水で塗らした布でふき取りしっかり乾燥させます。

無理に落とそうとすると布団を傷めてしまうことがあります。

どうしても落ちない場合は

クリーニングを活用するようにしましょう。

毎日使うお布団なので、

出来る限りきれいにしておきたいですよね。

そのためにももしも血液がついてしまうことがあれば

すぐに染み抜きをするようにしましょう。

簡単な方法なのでぜひお試しください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。