服についた血液は洗濯で取れる!?時間が経った場合の対処法!

スポンサードリンク

料理をしていたり、運動していると

ふとしたきっかけでけがをして出血してしまうこと

ありますよね。

その血が洋服などについてしまったら

どうしていますか?

血液は洗濯機などで洗うだけでも

元通りにきれいにすることが出来るのでしょうか?

今回は洋服についた血液の落とし方についてご紹介します。

【服についた血液を取る方法】

まず血液が洋服についてしまったら、

すぐに水洗いしましょう。

時間をおいてしまうと血液中のたんぱく質が固まり、

時間が経てば経つほど落ちにくくなってしまいます。

血液が服についてすぐに水洗いが出来れば、

そのまま洗濯するだけで

十分きれいにすることが出来ます。

水洗いをするときの注意点は

水または30℃以下のぬるま湯で洗うということです。

お湯を使用してしまうと血液中のたんぱく質が固まり

落ちにくくなってしまいます

そうなってしまうと

その後洗濯機で洗うだけではきれいにならないので、

お湯は使用しないようにご注意ください。

しかし必ずしもすぐに水洗いできるとは限りませんよね。

どうしてもすぐに水洗いが出来ない場合は

まずティッシュなどで血液の水分を拭き取ります。

水がある場所までたどり着いたら、

タオルやハンカチなどを水で濡らし、

軽くたたいて汚れをうつし取ります。

この時洋服の裏側からたたくと

輪染みになって血液がしっかり取れない場合があるので

洋服の表側から必ずたたくようにします。

【時間が経ってしまった場合】

知らない間にけがをして血が洋服についてしまっていた、

そんなこともありますよね。

時間が経ってしまった血液は

洗濯機だけで落とすことが出来ません。

シミになってしまっているので

“シミ抜き”をする必要があるのです。

<血液のシミ抜き方法>

まず中性洗剤を使って汚れをかきだします。

中性洗剤は台所で使用している食器用洗剤で大丈夫です。

血液が付着している部分を濡らし、

歯ブラシなどを使って中性洗剤を血液染みになじませます。

そのまま汚れをかきだすようにこすります。

あまり激しくこすると洋服の生地をダメにしてしまうので

気をつけましょう。

血液がある程度落ちて来たら水かぬるま湯で洗い流します。

少しの血液染みなら

その後洗濯機で洗うだけでも良いですが、

頑固な汚れの場合は

中性洗剤で血液染みを薄くした後に

酸素系の漂白剤を使用します。

漂白剤を血液の部分に塗り、

1時間ほど放置しておきます。

その後洗濯機を使って、通常の洗濯を行います。

他にも通常の洗濯に重曹をプラスするという方法もあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マルフク 自然にやさしい重曹 お徳用 1kg
価格:295円(税込、送料別) (2017/12/27時点)


重曹はタンパク質を分解する働きがあるので

血液を落とすのに有効です。

しかし洗濯機によっては

重曹が使用できない場合もあります。

簡単な方法ですので

面倒なことが苦手な方にはおススメですが、

重曹が使える洗濯機か必ず確認してから行うようにしましょう。

大根おろしのアミラーゼという成分

タンパク質の分解には効果があるそうです。

大根おろしを作り、ガーゼで包んで

血液が付着した部分を色が薄くなるまでたたきます。

効果はあるのですが、

大根を使うのがもったいないという意見もある方法です。

大根が余ってしまった、

使い道がないという方にはおススメです。

血液染みを落とすのに大切なことは

できる限り早く落とすということです。

数時間放置するのと1日放置するのは一緒ではありません。

放置してしまう時間が短ければ、

血液染みを落とす手段は少なくて済みます。

沢山こすったりすれば生地は必ず消耗します。

洋服のためにも出来る限り早い処置を心がけましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。