万能洗剤オキシクリーンで風呂釜を掃除する方法を解説!

スポンサードリンク

様々な場所に使用でき、

万能洗剤と呼ばれる「オキシクリーン」。

なかなかきれいにならない頑固な汚れも

驚くほどきれいすることが出来ちゃうんです。

今回はそんなオキシクリーンをつかって

風呂釜をきれいにする方法を解説します。

頑固な汚れもスッキリ落ちてしまうオキシクリーンの実力

オキシクリーンは様々な場所に使えるため、

風呂釜だけでなく、お風呂の椅子や洗面器、タイルの黒カビにも効果を発揮します。

<風呂釜などをオキシクリーンを使って掃除する方法>

・風呂釜

入浴後の残り湯を使います。湯量を浴槽の半分くらいまで減らし、

最高温度まで再度沸かしなおします。

(追い炊き機能がない場合は60℃くらいの熱湯を足します)

お湯の中にオキシクリーンを付属のカップの2~3杯を入れ、

そのまま一晩放置します。

翌朝、溜まったままの水を使い、軽く浴槽内をこすり、

最後にしっかりすすぎ洗います。

・風呂の椅子、洗面器など

上記の風呂釜を漬けている中に一緒に浸して、1日放置します。

翌日軽くこすって洗い流します。

・タイルの黒カビや壁

オキシクリーン30g程度を少量のお湯と混ぜ合わせます。

カビや汚れが気になる場所に直接すり込むように塗り、

その上からラップをし20分から1時間放置します。

その後洗い流します。

使い分けなくてもOK!残り湯の活用で節約も。

風呂釜用の洗剤やカビ用の洗剤などを使い分けなくても、

オキシクリーンだけでお風呂全体の掃除を行うことが出来ちゃうんです。

残り湯を使うことで節約にもなりますし、

オキシクリーンを使うことで効率の良いお風呂掃除を行うことが出来ます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オキシクリーン 1.5kg
価格:1056円(税込、送料別) (2017/12/27時点)


一度の掃除で全てきれいにしてしまう驚きの理由

オキシクリーンの強力な洗浄力の秘密は

酵素による泡のチカラ”がもとになっています。

漂白剤はよく聞く「塩素系」と

オキシクリーンのような「酵素系」の2種類があります。

塩素系の漂白剤の漂白効果はかなり強いですが、

強いぶん染料まで脱色してしまうことがあり色柄物には使用ができません。

また、ツーンとした刺激臭もあり、

使用するには注意点が多いのも特徴です。

一方オキシクリーンは自然に存在する炭酸ソーダ

過酸化水素水を化合して作られており、

汚れのみに反応する仕組みになっています。

汚れのみを浮き出し排除していくので

染料をはがしてしまう心配もないので色柄ものにも使用できますし、

衣類にも使用が出来ます。

無臭な為お子さんがいる家庭でも安心して使用することが出来ます。

さいごに

オキシクリーンは自然に存在する成分が主成分なため

安心して使用が出来ますし、漂白力も塩素系洗剤に比べると劣りますが、

つけ置きすると気持ちいくらいに白くきれいになります。

オキシクリーン1本で掃除が出来るので、

たくさんの洗剤を用意しなくても良く経済的にも助かりますよね。

今回は風呂釜に掃除方法についてご紹介しましたが、

他にもシンクや洗濯機や食器の黄ばみなど、

本当に様々な場面で活躍してくれます。

まだオキシクリーンを使ったことがないという方は

この機会にぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

オキシクリーンの魅力にはまってしまうかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。