これで完璧!フローリングの水垢の落とし方!

スポンサードリンク

気になるフローリングの水垢や水あと…

一生懸命雑巾で水拭きしても

なかなか落ちないんですよね。

どうしたら水垢とかってきれいになるのでしょうか?

今回はフローリングの水垢の対処法についてご紹介します。

【フローリングに水垢が残る仕組み】

フローリングは足裏が直接触れる場所です。

素足で歩いてしまうと、

汗や皮脂がフローリングについてしまいます。

またお風呂上りに

ちゃんと拭き取らずに歩きまわったことで

あちらこちらに水滴をつけてしまったり、

他にも台所での「水はね」、

飲み物をこぼした跡、

風が強くて室内に入ってきてしまった雨水、

窓が結露したときの水滴など、

フローリングに水滴を垂らしてしまう原因は

日常生活の中にたくさんあるのです。

フローリングには

ワックスをかけているご家庭も多いでしょう。

ワックスがかかったフローリングに水滴が垂れると、

数分でワックスが白化して

水垢や水あととして残ってしまいます。

こうなると水拭きだけできれいにすることは

できなくなってしまいます。

【水垢の落とし方と対策】

<水垢を落とす前に…>

まずはフローリングワイパーなどを使って

ほこりをとります。

そのあとに再度掃除機を使って

フローリングワイパーでは

取り切れなかったほこりを吸い取ります。

手間ではありますが、

二重で行うことでしっかりほこりをとることが出来ます。

<水垢の落とし方>

準備…

水1リットルに対し中性洗剤を3~5滴たらし混ぜます。

これをスプレー容器の中に入れておきます。

作ったスプレーを

水垢が気になるところに吹きかけます。

あとでの拭き取りが大変になるので

あまり何度も吹きかけないようにします。

吹きかけた場所をスポンジや雑巾などでこすります。

あまり強くこするとフローリングが傷んでしまうので、

優しくこするようにしましょう。

これだけで水垢を落とすことが出来ます。

ただし洗剤が床に残ってしまうと、

また汚れになってしまいます。

最後に違う雑巾を使って

しっかり洗剤が残らないように水拭きします。

フローリングの素材はデリケートな素材で出来ています。

そのため刺激の強い成分が配合されているものを使うと

フローリングをダメにしてしまうこともあります。

使用する洗剤などには十分に注意します。

フローリングに特殊な素材を使っている場合などは

事前に使っても大丈夫な洗剤を確認しておきましょう。

水垢の掃除が終わった後は

しっかり床を乾燥させることが大切です。

そしてそのあとワックスがけをすると良いでしょう。

ワックスがけを行うためにも

事前にしっかりほこりを取っておくことが大事になってきます。

ワックスがけを行うことで見た目もきれいになりますが、

水垢の対策にもなります。

通常のワックスを使うと

水滴がつくことで白化し水垢になってしまいます。

しかし耐水性・防水性に特に優れたワックスを使用すると

そういった心配は少なくなります。

特にお子さんがいる方、

ペットを飼っていらっしゃる方などには

耐水性・防水性の優れたワックスのご使用がおススメです。

フローリングのお掃除は

お掃除の中でも特に大変ですよね。

でもフローリングがキレイだと

お家のなかがよりきれいに感じられると思います。

フローリングの質を長持ちさせるためにも

是非フローリングのお掃除は

しっかり行うようにしてくださいね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。