意外と盲点!?ドラム式洗濯機での正しい洗剤の入れ方

スポンサードリンク

最近は縦型の洗濯機よりドラム式の洗濯機を

ご使用になっているご家庭が増えていますよね。

実は縦型の洗濯機とドラム式の洗濯機って

洗剤の入れ方が違うってご存知でしたか?

同じ洗濯機でも

形が違うだけでなく様々な違いがあるんです。

今回はドラム式洗濯機についてご紹介します。

【ドラム式洗濯機のしくみ】

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機は

洗浄方法が異なっています。

ドラム式洗濯機は横向きのドラム槽ごと回転。

衣類を上から下に落として洗う

「たたき洗い」という方法を採用しています。

縦型洗濯機

洗濯槽の下にあるパネルを回転させることによって起こる

渦の水流を利用し汚れを落とす「揉み洗い」

という方法を採用しています。

ドラム式洗濯機は

縦型に比べると洗濯時間は長くなってしまいます。

しかし使う水の量は縦型洗濯機よりも少なく済みますし、

衣類への負担も最低限で済みます。

縦型洗濯機は手でゴシゴシ洗っているような状態です。

渦の水流によって衣類同士も絡み合ってしまいますし、

衣類への負担は大きく

生地が消耗しやすくなってしまいます。

衣類のことを考えても、節水を考えても

ドラム式洗濯機の方が優れているため、

最近ではドラム式洗濯機を選ぶご家庭が増えているようです。

洗濯機についている乾燥機能も

ドラム式の方が効率よく乾燥させることが出来ます。

ドラム式洗濯機はもともとは海外が発祥です。

日本のように天日干しをするというよりも

乾燥機で洋服を乾かすことの多い海外で考えられたため、

乾燥の機能はやはりドラム式の方が優れているようです。

【ドラム式洗濯機の正しい洗剤の入れ方】

洗剤を入れるというと

直接洗濯槽内に投入する

という方法を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。

もちろん縦型の洗濯機の場合、

槽内に直接投入するのは当たり前ともいえる方法です。

しかしドラム式洗濯機の場合は違います。

直接ドラム槽内に投入することが

絶対にNGということはありません。

しかし、ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べて

洗浄力が弱いという点があります。

そのため、直接投入してしまうと、

洗剤が溶け切らず残ってしまう

ということが考えられます。

ドラム式洗濯機には

専用の洗剤・柔軟剤投入口があります。

そこに入れることで

ベストなタイミングで洗剤を投入してくれます。

専用の投入口から入れることで

問題が起こる心配もないでしょう。

また、洗剤の投入口には粉末洗剤液体洗剤

別々に用意されていると思います。

これはそれぞれの特徴を考えて用意されているので、

入れる場所は間違えないようにしましょう。

洗剤の入れ方を間違えると

洗濯機にも衣類にも負担となってしまう場合があります。

最悪の場合は洗濯機が壊れてしまうことも。

洗濯機って安くないですよね。

長く使用するためにも使用方法をしっかり守って、

大切に使っていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。