クエン酸で掃除! 風呂の床はこれでスッキリきれいに!

スポンサードリンク

お風呂場は毎日使う方がほとんどだと思います。

汚れが気になる箇所は、

お風呂場の床と浴槽だと思います。

特に、お風呂場の床に付着する汚れとして、

主に

「赤カビ(ピンクのヌメリ)」

「石鹸カス」

「皮脂汚れ」

「黒カビ」

「水あか」

の5種類に分類できます。

これらの汚れの他にも、

石鹸やシャンプーの成分、

水道水に含まれるミネラル成分なども汚れの原因です。

これらの汚れを栄養として雑菌が繁殖し、

ヌメリやカビなどが拡散していきます。

また、お風呂場の温度や湿度が

雑菌の増殖に好条件であることから、

繰り返される汚れとなるわけです。

そこで、お風呂の床の掃除に役立つクエン酸を

・クエン酸で掃除のやり方とは?

・クエン酸を使用する注意点とは?

の視点から説明してみたいと思います。

クエン酸で掃除のやり方とは?

用意するものとしては、

お掃除グッズの定番「クエン酸」「重曹」「スポンジ」「歯ブラシ」です。

黒カビや赤カビ

黒カビなどには「クエン酸」と「重曹」を併用すると効果的です。

まず、スプレーボトルに水200mlに対して

小さじ1杯のクエン酸を溶かし、

クエン酸水をつくります。

カビが繁殖している箇所にしっかりスプレーします。

その上から、重曹の粉を適量振り掛けます。

発泡するので、スポンジで拭き取ります。

細かいところは、歯ブラシで軽く擦ります。

水あか

水道水に含まれるミネラル成分が

水分の蒸発によって結晶化したものが、水あかです。

お風呂場の場合、石鹸カスやシャンプーなどの

他の成分も混在しています。

アルカリ性の特性を持つ水あかは、

酸性の洗剤によって落とせます。

なので、ちょっとした水あか汚れなら、

クエン酸水スプレーで落ちます。

しかし、頑固な水あか汚れの場合は、

クエン酸水スプレーを汚れ箇所にたっぷりスプレーし、

キッチンペーパーを貼り付け、

その上から更にスプレーした後、

ラップでパックしてしばらく放置します。

時間が経過した後、

パック類を取り除いて

スポンジなどで擦って水あかを落とします。

クエン酸を使用する注意点とは?

目に入らないように注意

クエン酸は弱酸性ですので、

目に入った場合は速やかに

流水でしっかり洗い流します。

食品にも含まれている成分なので、

少量のクエン酸が口に入っても気にする必要はありません。

他の洗剤などを混ぜないように注意

塩素系漂白剤などのアルカリ性の強い洗剤と混ぜると、

有毒ガスが発生することがあるので、

併用したり混ぜたりするようなことがあれば、

事前に注意書きをよく読み正しく使うようにする必要があります。

鉄製や銅製の金属ものに使用しないように注意

クエン酸は酸性なので、

金属をさびさせる場合があるので、

鉄や銅製の金属ものには使用しないようにします。

ただし、ステンレス製は使っても問題ないです。

大理石などに使用しないように注意

炭酸カルシウムが主成分である大理石は、

酸性であるクエン酸によって溶けてしまうので、

決して大理石には使ってはいけません

最後に、

クエン酸(+重曹)を使えば、

お風呂場の床の汚れやカビは落とせます。

しかし、日頃のお手入れに少し気を使うだけで、

面倒な床掃除の回数を減らすこともできます。

そのポイントは、

・床に汚れを残さないこと

・換気をよくして湿度を下げること

・45度以上のお湯でカビ菌を死滅させること

です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。