油汚れにはこれがすごいパワーを発揮!洗濯に重曹を使おう!

スポンサードリンク

もともと人間の体内にも存在している物質である重曹は、

研磨作用、消臭作用そして油汚れ落としのように

万能洗剤でありながら、安全安心なものです。

重曹を換気扇などの油汚れを落とすのに

よく使われているのはご存知だと思いますが、

子供が食べかすをよく服につけてしまう

油汚れなどを落とすために洗濯にも使えるのです。

そこで、

・油汚れを落とすメカニズムとは?

・重曹を使った洗濯方法とは?

についてご紹介したいと思います。

油汚れを落とすメカニズムとは?

重曹が油汚れを落とすメカニズムを説明します。

クレンジング効果

重曹(炭酸水素ナトリウム)は、

比較的水に溶けにくい塩と考えられます。

したがって、重曹の粉を散りばめて擦れば、

クレンザーと類似の効果によって

汚れを擦り落とせることになります。

また、硬度は2.5程度であまり高くなく

適度に軟らかいので、傷つきにくいです。

油脂の加水分解

脂肪は水と混ざらず分離したままの状態になります。

しかし、重曹と水を混ぜることで

重曹により弱アルカリ性になり、

水酸化イオン(OH-)が水に溶け込んでいます

このイオンが脂肪やタンパク質と反応し、

加水分解を引き起こします。

脂肪は、ケン化によってグリセリンと脂肪酸の

ナトリウム塩(石鹸の主成分)に分解されます。

さらに、タンパク質も

アルカリ水溶液によって加水分解されます。

この分解反応は手がぬるぬるすることで確認できます。

脂肪酸塩のミセル化

脂肪酸ナトリウム塩は、

水に溶けにくく油となじみやすい新油性の「炭化水素基」と

水に溶けやすい親水性のイオン基で構成されます。

このように疎水性と親水性の性質もを界面活性と言い、

汚れを落とすのに重要な性質です。

脂肪酸塩が油汚れと遭遇すると、

油の方に新油性の「炭化水素基」がひきつけられ、

親水性の「イオン基」が外側に向いて玉状を作り上げます。

この玉状のものをミセルと呼びます。

そして、石鹸と同様に、

脂肪酸塩は水に溶けない油汚れをミセル化して分散させます。

重曹を使った洗濯方法とは?

重曹を使った洗濯を上手にする方法のコツは3点あります。

ぬるま湯を使う

水に溶かしただけでは重曹が衣服に白く残ってしまったり

洗濯機用ホースを詰まらせたりするので、

十分に溶かすため40℃程度のぬるま湯を使います。

お風呂の残り湯でも問題ないです。

ホースが詰まった場合はお湯を流せばOKです。

適量な重曹を守る

重曹をたくさん入れても洗浄効果は変わりませんので、

必ず適量以上に重曹を使わないようにすることです。

天然素材には使用しない

天然素材のものを変色させることがあるので、

麻などの素材の衣類は

重曹で選択しないようにするよう気をつけることです。

最後に、

「重曹は洗濯には適していない」という人もいますが、

食べず嫌いにならないで、まずは試行してみて、

自分で納得してから、

使うか使わないかを決めたほうが良いと思います。

重曹自体そんなに高いものではないので。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。