本格仕様!?潮干狩りに必要な道具を紹介(プロ編)

スポンサードリンク

潮干狩りは家族と楽しみながら

ワイワイガヤガヤとするレジャーだと考えていることと思います。

しかし、どんなものでもそうですが、

凝りだすとけっこう奥が深いものです。

そんな凝り性で本格的に潮干狩りをやってみよう

と思っている方のために、

達人(プロの人?)はどのような道具を使っているかを

調べてみましょう。

そこで、ここでは

・プロ仕様の道具とは?

・潮干狩りで禁止されている道具とは?

の観点で考えてみたいと思います。

プロ仕様の道具とは?

プロ仕様の道具などを

・服装

・掘る

・捕獲

に分けて説明します。

服装

直接的な道具といえないかもしれませんが、

数時間以上の潮干狩りを行う場合は

非常に重要なポイントになるのが服装だと思います。

なので、潮干狩りのひとつの道具と考えても

おかしくはないでしょう。

服装のポイントは、

・防水対策:

腕には防水アームカバー、下半身はカッパ、足元は長靴

・日除け対策:

頭全体がすっぽり隠せる帽子、

となります。

掘る

熟練の方は、「ヒヤガキ」あるいは「一丁カギ」

と呼ばれるものを使っていましたが、

これは岩場で使うことが多いということなので、

砂地ではお決まりの「熊手」で十分です。

手の部分は、怪我をしないようにとか、

保温などのためにゴム手袋の上から

軍手をはめるのがベストです。

捕獲

見た感じがプロっぽい道具は

貝を取った後に収めておく「腰網」です。

その動作はスムーズそのもので

[発見]→[掘る]→[捕獲]というように

無駄のない動きになっています。

この無駄のなさがまさしくプロの技という感じです。

以上が主な道具ですが、その他として、

ペットボトル:砂出し用の海水を運ぶ用

クーラーボックス:高い気温の日などに貝を持って帰る用

が必要です。この辺りは通常と同じですね。

潮干狩りで禁止されている道具とは?

潮干狩りの現地によって違うことはあると思いますが、

現地で使うことを禁止されていることが多い道具を紹介します。

大きなサイズの熊手

潮干狩りの現地では熊手のサイズを制限しています。

幅10~15cmであれば問題ないですが、

それより大きくなるとNGの可能性が大です。

忍者熊手

忍者熊手とは、

熊手に金網がついている物で、

禁止しているところが多いので止めておきましょう。

じょれん

「じょれん」とは、長い柄の先に

浅い歯をきざんだ鉄板をつけたもので、

土砂をかき寄せるものです。

規模が小さなところでも禁止のところが多いので

持って行かないようにしましょう。

最後に、

潮干狩りに凝るのも楽しいかもしれません。

しかし、あまり度を越すと

家族からドン引きされるかもしれませんので、

ほどほどにしておいたほうが無難かも。

それでも、懲りたい方は

家族の同意を得てからすすめるとよいでしょうね。

とにかく、楽しむことが第一です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。