知らなきゃヤバい!?親の介護の施設費用っていくらぐらいかかるの?

スポンサードリンク

両親の片方あるいは両方が認知症などになる前に、

老人ホームをはじめとする介護施設について

知っておきたいと思いませんか。

特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの

介護施設の種類、入居予定者の要介護度や健康状態によって

入居時の費用や月額で費用の差があります。

すなわち、施設の設備を含めた対応力や

入居者の属性によって違いがあるのが

介護施設や老人ホームの特徴です。

また、自治体の補助金や税控除などの仕組みも複雑です。

そこで、

・介護施設の種類って?

・介護施設の費用はトータルでいくらぐらい?

についてご紹介したいと思います。

介護施設の種類って?

介護施設や老人ホームには主に

・公的施設

・民間型施設

に分けられます。

それぞれの施設により、

対象者や果たす役割は違いますが、

もう少し細かく分けてみます。

公的施設

-特別養護老人ホーム(特養):

日常生活の介護や機能訓練などのサービスがあります。

費用は安いです。

-介護老人保健施設(老健):

自立生活を目指しているためリハビリが中心です。

入所期間は最長1年です。

-介護療養型医療施設(療養病床):

慢性的な症状の療養を目的として、

重点的に医療や看護のサービスを行います。

-養護老人ホーム:

自立した生活は可能だが、

身体的・精神的な理由により

自宅で生活できないと判断された場合の施設です。

-ケアハウス:

60歳以上で自立した生活は可能だが、

重度の医療措置が必要で

独立した生活に不安のある人が利用する施設です。

民間型施設

-サービス付き高齢者向け住宅:

介護保険と連携した住宅で、

地域包括ケアシステムの中核として期待されています。

-グループホーム:

自傷や他傷を伴わない認知症の高齢者が共同生活する施設です。

-介護付有料老人ホーム:

24時間体制で介護ケアが受けられる施設です。

-住宅型有料老人ホーム:

必要な介護サービスを選択して利用可能です。

介護施設の費用はトータルでいくらぐらい?

以下の条件で試算してみます。

・首都圏の平均的な費用の介護付き有料老人ホームを利用する

・要介護2の85歳で入居する

・87歳で要介護3となる

・90歳でご逝去される

85~86歳までの費用試算

入居時費用:\4,000,000 –

月額費用:\280,000 –

介護保険自己負担分:\20,000 –

日常生活費用:\20,000 –

医療費:\6,000 –

その他:\33,000 –:上記の合計326千円の10%と仮定

この期間の費用=\4,000,000 + \359,000 ×24ヶ月(2年) = 12,616,000 –

87~90歳までの費用試算

月額費用:\280,000 –

介護保険自己負担分:\27,000 –:要介護3 1割負担の場合

日常生活費用:\40,000 –:オムツ代が2万円分増加と想定

医療費:\6,000 –:個人差あり

その他:\36,000 –:上記合計353千円の10%と仮定

この期間の費用= \389,000 ×36ヶ月(3年) = 14,004,000 –

従って、5年間の合計費用は、2662万円 となります。

最後に、いかがでしたか。

介護施設もいろいろな施設があり迷いますね。

また、試算もしてみましたが、結構費用がかかりますね。

計画的に貯めていくしかないかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。