タオルが臭い?それなら原因を探って対策だ!

スポンサードリンク

しっかり洗っているはずなのに

なぜかタオルが臭う…

そんな経験ありませんか?

この臭う原因っていったい何なのでしょうか?

気づかず洗濯し続けると

タオルや衣類に悪い影響も!?

そうならないためにも

タオルの気になる臭いの原因と対策をご紹介します。

【タオルが臭い原因】

タオルの嫌な臭いの原因は

“菌”によるものです。

洗って綺麗にしているはずなのに

どうして菌が繁殖するの?

と疑問に思いますよね。

菌がタオルについてしまう原因は

生乾きで使用していたり、

洗濯物について菌が取りきれなかったということあります。

また、洗濯機自体に菌がついてしまっていることも考えられます。

臭いを出す菌は

モラクセラ菌という菌によるものだと分かっています。

モラクセラ菌から排出される成分によって

嫌な臭いが生まれているのです。

この菌は水分や皮脂を栄養として

どんどん増殖します。

水分をとくに含むタオルは絶好の住処ともいえるのです。

【タオルが臭わなくなる対策】

まずは菌が繁殖しやすい状態を解消することが

大切になってきます。

まずタオルに対してですが、

洗濯ものは大体皆さん朝にまとめて洗いますよね。

夜お風呂に入って使ったタオルを

すぐに洗う方は少ないでしょう。

朝まで洗濯せずに放置してしまっている間にも

タオルや他の衣類の中では

菌はどんどん繁殖してしまっているのです。

かなりぬれてしまったタオルは

洗濯するまで通気性の良い場所で少し乾かしておく

または除菌スプレーを

タオルや衣類に吹きかけておく

菌の繁殖や増殖を抑えることが出来ます。

また洗濯した後はすぐに干すようにしましょう。

タオルに水分が保有されている時間が長くなるほど

菌は増殖していきます。

タオルや衣類を早く乾かすためにも

洗濯が終わったらすぐに干すようにしましょう。

部屋干しが続くと生乾きになりやすく

臭いも発生しやすくなります。

部屋干しが続きそうなときは

除菌効果のある洗剤を使い、

扇風機などを使って早く乾かすようにしましょう。

洗濯槽内に菌が繁殖していると

タオルに移ってしまうこともあります。

そのため月に1回程度は洗濯槽の掃除もするようにしましょう。

モラクセラ菌だけでなく

ほとんどの菌は高温に弱いとされています。

その為乾燥機やアイロンを使うことも

菌を死滅させるのに効果的です。

菌を繁殖・増殖させない方法を

日ごろから心がけていきましょう。

せっかく洗ったタオルから嫌な臭いが感じられたら、

気分も落ちてしまいますよね。

タオルの嫌な臭いは

ちょっとしたことで解消することが出来ます。

お風呂上りに快適にカラダをふいたり、

洗顔後スッキリと顔を拭くことが出来るためにも

タオルの嫌な臭い綺麗さっぱり解消しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。